夫の実家にはなるべく早く慣れたいとおもう人も多いのではないでしょうか。
ですがなかには、ちょっと不思議なルールも存在しているよう…

そこで今回は、よくわからない義実家の不思議ルールエピソードをご紹介します。

え、なんで!?

私の夫の家庭では、元旦になぜかみんなで正座してお義父さんからサキイカを貰う習慣があります。

サキイカはザザーっとテーブルに広げられ、自分の番が来たら手を出し、お義父さんが、「おめでとう」と言いながらサキイカを手の上に乗せてもらい、「ありがとうございます」と言って受け取ります。

結婚してはじめてのお正月で当たり前のように行われているこの光景が不思議でなりませんでした。
ちなみに、漁業関係とかではありません。
(36歳/主婦)

そんなバカな…(笑)

私が嫁いだ義実家では何故かキュウリだけは畑に植えて作ってはイケナイという謎ルールがあります。
目の前に畑があるのでさまざまな野菜が栽培されていますが、約100年キュウリだけは作られていないそうです。

同じウリ科のスイカは大丈夫なのですが、キュウリを作ると災いがあると脅されています。
(40歳/パート主婦)

ありがたい!

義母が平野レミさんのファンで、月に1〜2回「スコップコロッケパーティー」なるものを開催します。
スコップコロッケとは、コロッケの味付け・具材を加えたマッシュポテトの上に、炒めたパン粉をまぶした料理ですが、これを大量に作って、皆で食べるのです。

とてもおいしいですし、余ったら持って帰らせてもらえるのでありがたいですが、いつか食べ飽きてしまうかもしれない、と考えています。
(28歳/会社員)

いかがでしたか

真面目にサキイカを配っているところをみたら、笑いを堪えるのが大変になってしまいそうですね。
初めはびっくりしてしまうこともありそうですが、ちょっとおもしろいルールなら一緒になって染まってしまうのも案外楽しめるかもしれません。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

【生魚で使ったジップロックにリンゴを…】思わずドン引きした‟義実家の謎ルール”

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事