社員としてコミュニケーションが取れて便利な上司とのLINE。
仕事の悩みが解消するやりとりから、ちょっと疑問がでるやりとりまでさまざまあるのではないでしょうか。

そこで今回は、上司からきて困ったLINEのエピソードをご紹介します。

もし教えていたら…

職場の男性上司からきたLINEです。
その上司はアラフォーの男性です。

上司はとてもフレンドリーで、仕事上で困ったことがあって相談しても親身に話を聞いてくださいました。
上司が旅行に行っているというLINEがきたので、「お土産待ってます!笑」と私は送りました。

すると、翌日の夜上司から
「お土産買ってきたよ!直接渡したいから家の場所教えて!」とLINEが来ました。

さすがに、家の場所を教えるのは……しかも夜だし……
と思いさらっと流しました。

上司は独身だったため、もしかして狙われてたと思い少しゾッとしました。
(27歳/看護師)

いきなり?

職場の飲み会で、私が最近彼氏と別れたということが話題になりました。

その事自体は大して気にしなかったのですが、解散後にアパートへ戻る途中、
「彼氏と別れてさみしかったね。慰めに行こうか?」
と上司の男性からLINEが入っていました。

その上司とは20歳近く歳が離れていて仕事の話くらいしかしたことがなく、アパートの部屋で失恋話を聞いてもらうような間柄ではもちろんありません。
混乱と恐ろしさでアパートに帰れず、その晩は友人の家に逃げ込みました。

LINEは無視して週末明けに出社しましたが、とくに何事もなく…それきりですが未だに上司を不気味に思っています。
(28歳/専業主婦)

いかがでしたか

そんな方向になると思っていないうえに上司に気を遣って返信に困ってしまいそう…
下手に返事をするより、無視してしまうのも手かもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。
(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「だぁい好きだよ」いつも絶対に“好き”と言わない夫が…<衝撃が走った“浮気発覚LINE”まとめ>

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事