子育てという共通の項目があるからママ友との話題は豊富にありますよね。
ですが、中には価値観を強めに押し付けるママ友もいるのだとか…。

そこで今回は<価値観を押し付ける>ママ友のエピソードをご紹介します。

女の子でよかったわ

同じ時期に出産したママ友の話です。
その子はことあるごとに、私の子と比較をしてくるので正直うんざりしていました。

あるとき児童館でばったり会い、しばらく会話をしていたのですが、楽しそうに動き回る私の息子を見て
「うわ〜やっぱり男の子は落ち着きがないね。女の子でよかったわ」と言われ愕然としました。

思ったとしても直接言わなくて良いし、私にとっては可愛い我が子なので、悪く言われたようで気分が悪かったです。
(30歳/自営業)

ひどすぎる…

私自身が幼少期から高校生まで、ピアノ、水泳など幾つか習い事をしていました。
子どもは幼稚園児ですが、周りで習い事をする子達が増えたので、家に電子ピアノがあったので子どもにピアノを習わせました。

しかし、ピアノが合わなくて1ヶ月で退会。
ママ友に話すと「子どもさんは根性無し!」と言われて悔しくなりました。
(40代)

もうかまわないでほしい…

近所にマウントを取りたがるママさんがいます。
私は下に見られているのか、こちらから挨拶をしないと挨拶もしません。

とにかく情報が大切!と思っているのか、地域の子どもの遊び場に足繁く通って情報を集めているようです。
子どもが同い年らしき人がいると、駆け寄って話しかけて連絡先を交換。

羨ましいくらいのバイタリティなのですが、散々悩んで幼稚園を決めたとき、もう入園が決まっているにも関わらず、会う度にその園のことをボロクソ言われ、自分が通わせている園がいかに素晴らしいかを説かれました。

それぞれ家庭の事情もあるのだから放っておいてほしいです。
(30歳/主婦)

いかがでしたか

他人に自分の価値観を押し付けることで、相手がどんな気持ちになるのか考えられない人もいるんですね…。
自分の家庭のことに立ち入るような意見には、聞き流して距離を置けるようにしておいた方がよさそうですね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

なんで謝らないの…?“子どもの不始末を詫びないママ友”の【非常識すぎるエピソードSP】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事