大好きな夫の両親だからといって、仲良くなれるかはわからないものですよね。
中には、嫁にライバル心を燃やす義母もいるのだとか…。

今回は、義父母に言われた驚きのひと言をご紹介します。

さすがに見せたくない…

義父母の家に1歳の子どもと遊びに行っていた時のことです。
子どもが授乳の時間でぐずり出したので授乳させたいと言うと、義父母は『ここでやればいいじゃない』と覗き込んできました。

さすがに恥ずかしいし断ったのですが、『他人行儀ね』と文句を言われ、私が悪いのかと落ち込みました。
(40歳/専業主婦)

息子を溺愛しすぎ…

当時アルバイトで働いていた店の店長と結婚しました(当時21歳)。
私は中卒で学歴もなく、アルバイトを掛け持ちのフリーターでした。

結婚の挨拶の後に、姑から「何で中卒の貴方と大卒の教育学部がつり合うの?」と言われました。
結婚後も「息子を取られた」と言われ続けました。
(40歳/専業主婦)

そんな言い方しなくても…

わたしは冷え性で寒いと指先が思うように動かなくなるため、そうなる前に暖房を使うのですが、それを知っている義理の両親が「私たちよりずいぶん若いのに、このくらいの寒さで暖房使うなんて金食い虫だね!」と…。

こんな人が義理の親だなんて、悲しいのひと言です。
(51歳/会社員)

いかがでしたか

いくら義理の両親といえど、嫁に対する最低限の思いやりは持ってほしいもの。
デリカシーのないひと言に傷つくのではなく、さらっと流せる強い心を持つことが大切なのかもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

スルーすべき…?夫がネックレスを調べていることに違和感を抱いた私は…?!【真面目な夫にエグい浮気をされた話】<Vol.1>

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事