義実家で遭遇する不思議なルール。
当たり前のように行われていたりすると、ちょっとびっくりしてしまうのではないでしょうか。

そこで今回は義実家でびっくりしたルールをご紹介します。

ブランケットを…

家族全員が各自、自分専用のブランケットとか毛布を何枚か持っていて、それを「チュッチュク」と呼んでいます。

そして寝る時はその「チュッチュク」を全て目以外の場所に乗せて寝ているんです。
それが安心するらしくて初めは不思議でした…。
(33歳/会社員)

おせちを食べるタイミングが…

年末に作ったおせちを、お正月ではなく年越しの時にみんなで食べるという習慣があって、お正月になったらおせちではなく、軽く普通の食事を食べていたので、とてもびっくりしました。
(33歳)

頭の上に魚の骨!?

嫁ぎ先の夫の両親と一緒に夕食を食べていた時のことです。
その日のご飯のおかずに焼き魚が出ていたのですが、ふと見ると義父の頭の上に魚の骨が乗っています。

頭が変になったのかと思い「おじいちゃん、どうしたの?」と聞いたところ、義父曰く「魚の骨がのどに刺さった時には、こうやって他の骨を頭に乗せてご飯を食べると骨が取れるんだ。」ということでした。

白飯を丸呑みするというのは聞いたことがありますが、頭に魚の骨を乗せるという風習にはびっくりでした。
ちなみにで息子である夫はやりません。
(60歳/公務員)

いかがでしたか

頭の上に魚の骨を乗せてる姿を見たら、何かの儀式かと思ってしまいそう…。
いろいろな家庭のルールがありますが、面白いなと感じたら取り入れてみてもいいかもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

スルーすべき…?夫がネックレスを調べていることに違和感を抱いた私は…?!【真面目な夫にエグい浮気をされた話】<Vol.1>

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事