子どもたちの日頃の学校生活を身近に感じられる参観日は、「気合いが入ってしまう」という親御さんも多いのではないでしょうか。

できれば子どもたちよりも目立つのは避けたいところ…。
今回は、思い出しても恥ずかしくなる参観日のエピソードをご紹介します。

恥ずかしすぎて…

娘の小学校の授業参観での出来事です。
日頃から担任の先生に、「発表する人の方を向いて話を聞きましょう」と教えられていた我が子。

参観日の日も一番後ろの席の子が発表する時、先生からの教えに従い、その子の方に体を向けて真剣に話を聞いていました。
しかし突然、我が子が鼻をほじり出したのです。

一番後ろの席の子の方を向いていたため、鼻をほじる姿が参観している保護者に丸見えで…。
恥ずかしすぎて、穴があったら入りたいと思った瞬間でした。
(33歳/専業主婦)

ざわついていた理由は…

私が小学生の頃の話です。
参観日の授業中、なにやら途中からクラスがざわつき始めました。

何かと思って、みんなが見ている方向を見ると、なんとそこには私の父が。
私の父は、角刈りでセカンドバッグを持ち、グラサン、上下真っ赤なシャカシャカジャージで立っていました。

クラスメイトも「え、あれ誰の親?」「なんか怖い!」とざわつく始末。

私は、父親だとバレたくない一心で知らないふりをしていたのですが、父が「おーい!○○(私の名前)!」と授業中なのに呼んできて…。
それから私が怖がられるようになったのは、言うまでもありません。

いかがでしたか

参観日に真っ赤なジャージで来られると、子どもたちもびっくりするかもしれません…。
あくまでも「主役は子ども」ということを忘れず参観したいところですね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

スルーすべき…?夫がネックレスを調べていることに違和感を抱いた私は…?!【真面目な夫にエグい浮気をされた話】<Vol.1>

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事