嫁と姑の関係性に悩んでいるという方は多いでしょう。
中には、嫁に対して嫉妬心むき出しの姑もいるようで…。

今回は、姑の上から目線エピソードをご紹介します。

私ではなく夫に…

姑はうちに来ると、まずは掃除をしているかチェックをしていました。

その場では何も言わず、後から夫(息子)に長文メールを送り、「トイレの内側が黄ばんでいたわ。ピカピカにしないと」「(嫁の)笑顔が作り笑いだったわ」「あなたがしっかり(嫁を)しつけないと」など文句の嵐でした。

そんな母親に夫も嫌気が差し、今ではこちらから連絡を取ることはありません。
(41歳/主婦)

上から目線すぎて…

歯科医として現役で働いている姑は、とてもプライドが高い方です。
少しでも私が家事でミスをすると、「やっぱり普通の人はこんなことも出来ないのね」と言います。

さらに、「私ぐらいになると仕事も家事もこなせるのよ」と私に対してトドメの一撃ともいえる言葉までいう始末です。

帰省をするたびに、こうした上から目線の言動が飛んでくるので、最近は帰省をする予定があっても仮病を使って私は帰らないようになりました。
(35歳/会社員)

嫁に対する嫉妬

旦那は外食嫌いで、朝昼晩と私の作るお弁当か料理を食べます。
義母もそれを知っています。

義理実家に行っても、「ご飯は家で食べるからいらない」と断る徹底ぶり。

私が行くと、「〇〇(息子)のおならは臭いのよ。いつもどんなものを食べさせているの?変なものばかり食べているんじゃない?」
と嫌味ばかり言われます。

自分の作るご飯は食べず、嫁のご飯しか食べないことが不満なのでしょう。
毎回嫌な気分になります。
(30代/主婦)

アポなしで…

以前義母に、「私のうちのようにリビングはきれいにしておくように。リビングは運を呼ぶ場所だから。」と言われました。

私も義母がうちへ来るときにはもちろん片づけておきますが、アポなしで来られるときには片づける暇はありません。

アポなしで来るほうが非常識なのに、勝手に不意打ちで来ておいて「常にリビングはきれいにしておくこと」と言われるのは納得がいきません。
暇を持て余しての上から目線に、ため息しかでません。
(38歳/ライター)

いかがでしたか?

言いたいことがあるなら、直接言われた方がまだマシですよね…。
上から目線で言われた時には、軽くスルーするくらいの心持ちが必要なのかもしれません。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「普段から贅沢してるのね。」高級店のお菓子を持参しても、嫌味を言わないと気が済まない姑…<ありえない姑まとめ>

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事