慣らし保育は親への試練?
@tomatomama2021さんの『「想像しただけで涙が」「わかる」の声【漫画】ずっと1人の時間が欲しかったけど、いざ保育園の慣らし保育が始まると…』を紹介します。

分身のようにいつも一緒にいた我が子…。
いきなりいなくなると、心にぽっかり穴が開いたようで寂しいものです…。

せつないお別れの瞬間…

誰もいない家…

子どもが恋しい…

離れて再認識する子どもへの愛情…

慣らし保育は親にとっても試練の時間…。
子どもと離れる寂しさに耐えなくてはいけません。

寂しいけど、離れることで子どもへの愛情を再認識する機会にもなりますよね…!
@tomatomama2021さんの投稿にも、「想像しただけで涙が」「わかる」と共感のコメントが届いていました!

今回は『ずっと1人の時間が欲しかったけど、いざ保育園の慣らし保育が始まると…』をご紹介致しました。

(恋愛jp編集部)(イラスト/@tomatomama2021)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

▶合わせて読みたい

旦那がママ友と!?引っ越し先の市営住宅で2人のママ友と仲良くなり…【ママ友との間で起きたありえない話】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事