三月は卒園・卒業シーズンですね。
中には思わぬ出来事から、より一層忘れられない日になったという方もいるようです。

今回は、卒園式や卒業式で起きた事件をご紹介します。

涙からの…

高校の卒業式でのことです。
朝からいつもと変わらず過ごし、体育館へ。

式次の第三項目が学校長からのお言葉でした。
何度も練習していたため流れもわかっており、寒さを我慢する覚悟でした。

そして学校長のお決まりの挨拶からスタート。
すると挨拶の序盤で、早速隣の子が鼻をすすり、泣き出したのです。

「え?早くない?笑」「泣きポイントどこ?(極小声)」と、本人と一緒に笑ってしまい、なんとか堪えていました。

しかし次第に周りも気づき、涙ではなく笑いが伝染…。
その後の授与式や後輩からの言葉や節々の思い出回廊も、泣き笑いになってしまいました。

退場し体育館を出た途端、みんな爆笑!
もちろん寂しさの笑いみたいな感じでしたが、卒業式は楽しく笑った思い出です。
(37歳/会社員)

思い入れが強すぎて…

高校卒業の時です。
私がいたのは特進クラスで、三年間クラス替えもなく、担任もずっと一緒でした。

それゆえか、クラスに思い入れがある人が強く、学校行事なども暑苦しいほど熱心に取り組んでいました。

卒業式の日も、誰が言い出したのか一人ずつ前にでて、三年間の感想と今後の抱負みたいなものを語る会が始まりました。

12時頃から始まったものの終わる気配もなく…。
私は貧血(昼ご飯食べていないから?)で具合が悪くなったため途中で抜けましたが、後で聞いたところ他のみんなは夜まで残って語り合っていたそうです。

ご飯も食べず、ご苦労なことです。
(31歳/研究職)

着物で参列したママが…

息子の卒園式の時の話です。
下のお子さんを連れ、て着物で参列されたお母様がいました。

後ろの方の保護者席に座っていたものの、下のお子さんが落ち着かず席を立ったり座ったり…。
ふと見ると、お母様の着物が少し着崩れている気がして「大丈夫かな…?」と思っていました。

でも下の子を連れて着物で参列するくらいだから着慣れているのだろうし、大丈夫だろうと思っていました。

しかしなんと、子どもたちが退場する段階で後ろを見ると、例のお母様の着物はほとんど前がはだけた状態に。

周りの人も気づき、急いでトイレへ急行!
みんなで下のお子さんのサポートへまわったり、着付けを手伝ったり…。

余韻どころではない、慌ただしい式となりました。
(37歳/主婦)

いかがでしたか?

着物は着慣れていないと、着崩れたときが大変…。
涙あり、笑いありの卒業式は、一生忘れられない思い出ですね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

まとめ9選!<特に反響の大きかったエピソードSP>

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事