結婚したからといって、すぐには義実家のルールには慣れませんよね。
中には、何年経っても受け入れられないようなルールもあるようです。

今回は、「いつまで経っても慣れない…義実家でのカルチャーショックエピソード」をご紹介します。

食後には必ず…

義理の両親は食べることが大好き。
とくに甘いモノには目がありません。

義実家に遊びに行くといつも食事を用意してくれるのですが、食後には必ずケーキが出てきます。
なんとそれが毎食。

朝食でもです。
断っても遠慮していると思われているのか、半強制的に渡されてしまいます。

泊まりがけで行った時などは、3食連続でケーキを食べたりすることも…。
そのため常に胸やけ状態です。

私もケーキは好きですが、「たまに食べるから美味しいんだよな…」と実感します。
(28歳/専業主婦)

お風呂のタイミングは…

子どもが生まれてから、孫の顔見たさに度々帰省を求めてくる義両親。

はじめて子どもと帰省することになった日、
「布団用意しといたわよ~」と義母の見せてきた布団を見て絶句…。

そこにはボロボロでホコリだらけの子ども用布団が一組ありました。

「これは…いつのものですか?」と聞くと、
「〇〇(旦那)が子どもの頃に使ってた布団なのよ~。可愛いでしょ?」と…。

ホコリだらけ&ダニだらけの湿気た布団に
生まれて間もない子どもを寝かす気!?と怒り心頭。

旦那に言ってすぐに捨ててもらい、
新しい布団を買いにいきました。
(33歳/会社員)

何をするのも…

主人の実家は、いまだに男尊女卑です。
帰省時は、お風呂や食事、とにかくなんでもお義父さんが1番!

次に主人(長男)、義弟…といった状況です。
正直、お義父さんが入浴した後に湯船に浸かりたくないし、直箸でとった料理の残りなど食べたくありません…。
(40歳/専業主婦)

いかがでしたか

男尊女卑のルールを強要されるのは嫌ですよね……。
どうしても受け入れられないルールの場合は、夫に相談すると味方になってくれるかもしれませんよ!

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

▶新連載!「相手は?彼氏?誰なのかちゃんと話しなさい」高校2年生で妊娠したA子。隠していると、お母さんに気づかれてしまい…【妊娠から暴かれる家族の秘密】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事