生きていくためにはお金は必要不可欠ですよね。
お金に困り、悩んでいる姿を見ると善意からお金を貸して手助けをしてしまう方も多いのではないでしょうか。

今回は、「衝撃すぎる!実録金銭トラブルエピソード」をご紹介します。

困っていたから…

学生時代の話です。
バイト仲間はホストにはまっていてツケが滞っていました。

バイト中もホストから何度も督促の電話などを受けており、かわいそうになるほどでした。
そこで、私を含む数人のバイト仲間で、前日に貰った給料から合計3万円を貸してあげました。

その子は一日4万円程は稼ぐ子だったので、翌日には今日の給料分で返して貰えるはずだろうと誰もが安心しきっていました。

しかし、その子は翌日にはバイト先に来なくなり、連絡もつかなくなりました。

見かねたバイト先の店長が、「その子の給料分だ」と言って、私たちに貸した3万円を返してくれました。

給料が翌日払いのシステムでよかったと思うと同時に、こういうシステムだから借りるだけ借りて逃げられるな、とも思いました。
(33歳/会社員/女性)

お金を渡していた理由は…

以前私が所属していた会社では、営業ノルマをクリアすると報奨金として現金が支給されていました。(給与明細にも記載されるため税金徴収有)

そんなある日、後輩社員が事務担当の女性社員(私の同期)にその報奨金を渡していました。
なぜ渡していたのか聞くと、「貰えないのはかわいそうだから」とのこと。

私はお菓子などの現品で差し入れをしていたので渡さなかったのですが、「あげないんですか?」と聞かれました。

ちなみに、彼女はその時だけでも5万円以上受け取っていました。

彼女は「私は貰えない。うらやましい、いいな」などと言って、後輩からお金を貰うようになったそう。

しかし、彼女は自分の言うことを聞かない社員に嫌がらせをするような人だったのです。
私には、「パワハラ・たかり」にしか見えませんでした…。
(45歳/女性)

家族ぐるみのお付き合いだったけど…

昔の話です。
私の幼なじみのお嫁さんと仲良くなったことがあり、お互いの子どもも年齢が近かったので家族ぐるみのお付き合いをしていました。

彼女は料理も上手で、その他の家事も上級者でした。
その彼女が、ある日「お金を貸して欲しい」と旦那さんに内緒で相談してきました。

元々あった借金を一本化するのに、足りない分として70万円だったと思います。
私も若かったので、あまり深く理由を追及せずに貸しました。

半年後に70万円は返ってきたのですが、また数ヶ月後に10万円の借金を申し込んできました。
結局10万円は返ってくることはなく、彼女も家族を捨ててどこかへ消えてしまいました。

金の切れ目が縁の切れ目です。
高い学費でした。
(52歳/看護師)

いかがでしたか

借りたお金を返さず、家族まで捨てていなくなるなんて衝撃的ですね…。
適切にお金の管理ができなければ、お金はその人の人生を狂わせてしまうのかもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

▶新連載!「相手は?彼氏?誰なのかちゃんと話しなさい」高校2年生で妊娠したA子。隠していると、お母さんに気づかれてしまい…【妊娠から暴かれる家族の秘密】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事