知っていますか?犬に絶対にあげてはいけない10の食品 生魚、アボガド、チョコなど

fd20140628ss3

食いしん坊のワンコは人間の食べているものをついつい食べてしまいそうなときもあるかと。でも人間は好きなものでも犬には食べさせてはいけないものがいくつかあります。犬を飼っている人やこれから犬を飼う人はぜひチェックして気をつけて見てください。

10.アボガド

Avocado
人間には問題ないですが、ほとんどの動物で毒性となるペルシンが含まれています。食べてしまうと下痢や嘔吐、腹痛になる場合があります。

9.ぶどう

IMG_8884
急性腎不全を引き起こす可能性があります。ぶどうだけでなくレーズンにも気をつけてください。

8.コーヒ、ティーなどカフェインが入ったもの

Coffee
カフェインが含まれたものは、犬の中枢神経や心臓に影響を及ぼす場合があります。また中毒症状により嘔吐、ひどい場合は死亡するおそれもあります。

7.マカデミアナッツ

Macadamia-Nuts
運動器官を阻害する毒素が含まれていて筋肉の痛みや腫れが起きてしまう可能性があります。

6.乳製品

Milk
少量であればミルクやヨーグルトは問題ないですが、50%の犬は乳糖に過敏で下痢を起こす可能性があります。

5.玉ねぎ、にんにく

Garlic
玉ねぎ、にんにくに含まれる“ジスルフィド”“スルフォキシド”は犬の赤血球を破壊し貧血を引き起こします。しかも症状が現れるのは3,4日後となりその間は軽い運動でも嫌がるかもしれません。

4.生肉、生魚、生卵

Salmon
生肉、生魚、生卵には食中毒を引き起こす細菌が含まれており、サーモンなどは寄生虫を含んでいる場合があります。摂取して2週間で致命的な状態になる場合もあり治療が必要となります。

3.アルコール

Alcohol
嘔吐、下痢、中枢神経の悪化、ひどい場合は、震えや昏睡状態となり最悪死に至ります。

2.キシリトール製品

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
ごく少量でも低血糖・発作・肝不全となる可能性があり最悪は死に至ります。

1.チョコレート

Chocolate
チョコに含まれる“テオブロミン”を摂取すると死に至る場合があります。もしも摂取した場合は獣医にすぐに診せましょう。

いかがでしたでしょうか?
もしもはじめて知ったというのがあればこれからは気をつけてあげないようにするのはもちろんのこと、ワンコが勝手に食べないように気をつけることも重要です。どうか覚えておいてこれからもワンコをかわいがってください。

limk:themost10.com

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事