【衝撃映像】赤ちゃんヘビが不思議なダンスをしている!と思ったら・・・、実はよ〜く見たら分かるある理由があって踊っているように見えたのです

オーストラリアの中央南部に位置する、南オーストラリア州アデレード。
美しい街並みや極上のワイン、文化や芸術を堪能できる都市として、旅行先や留学先としても人気が高まっていますが、その郊外でちょっとビックリする動画が撮影されました。

※こちらは、FUNDOで公開した記事を再編集したものとなります

バタバタと激しくダンスするヘビの赤ちゃん

そのちょっとビックリする光景というのがこちら。

出典:YouTube

 

ヘビの赤ちゃんが椅子の下にいるようですが・・・

出典:YouTube

 

なんと、このヘビの赤ちゃんは体を丸めたり伸ばしたりと、激しい動きでダンスしているではありませんか!

ダンスをしているように見えたのは・・・

椅子の下でダンス絵押しているように見えるヘビの赤ちゃん。
これはいったい何事!?とよーく見てみると・・・

出典:YouTube

 

矢印の部分にうっすらと透明の糸のようなものが見えるのがわかりますか?
実はこのヘビ、クモの巣に引っかかって逃げ出せずにもがいていたのです。

いくら赤ちゃんとはいえ、ヘビがクモの巣に捕まっている画なんて・・・。
しかも自宅の庭でなんて、日本にいたらちょっと想像がつかない状況ですよね。

クモの巣の主はレッドバックスパイダー(和名:セアカゴケグモ)という毒グモ。
捕獲用の粘液がついた網を広げて獲物をキャッチすると、巻き込んで逃げられないようにして食べてしまいます。
ヘビやトカゲが大好物とのことで、今回のように赤ちゃんヘビが標的になることも多いそうです。

また、このヘビ自体も恐ろしい存在で、オーストラリアでも特に恐れられているブラウンスネークという毒ヘビの仲間「イースタンブラウン」です。
オーストラリアは、危険な毒蛇が多く生息している地域ですが、このブラウンスネークは世界で二番目の猛毒を持つヘビとされています。
しかも、家の中や裏庭などに出没して人々を驚かすことが多く、オーストラリアにおけるヘビに噛まれて死亡する事故の原因となるのは、ブラウンスネークがダントツでトップなのだそうです。

動画はこちら

毒グモ・レッドバックスパイダーの巣に絡まっている、毒ヘビ・イースタンブラウンの姿は、こちらの動画からご覧いただけます。

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事