結婚し、夫側の家族とも家族になれることは喜ばしいことですよね。

しかし家族になったと言えど、嫁に対してはどこか「他人」という一線を引いている義両親もいるようで…。

今回は、「衝撃的…実録!義実家で言われた一言エピソード」をご紹介します。

孫をかわいがってくれるけど…

第一子が産まれた時、義母は喜んでくれ、「かわいい、かわいい」と、とても可愛がってくれていました。

しかし、事あるごとに「○○(旦那の名前)にそっくりだ!小さい頃にそっくりでかわいい!」と連呼。

私に似ているとは一切言わない義母に、イラっとしてしまいました。
(33歳/主婦)

私が忙しくしている様子を見て…

我が家は子ども二人、夫と夫の両親と同居しています。
ある休日親子四人で出かけ、帰宅が夕方遅くになりました。

私は風呂掃除に夕飯の支度、子どもたちを風呂に入れるなど、いつもより家事に追われ次第にイライラ。

子どもにも八つ当たりしてしまいました。
すると姑が、「嫁はなんで怒っているの?」と一言。

それに対する夫の回答は「さあ?」とのこと。

「そうか…こいつらは嫁が全てやって当然という頭しかないんだ…」と思ったのと同時に、ブチッと心の中で音がしました。
また一歩、夫一家と精神的に距離が離れました。
(40歳/アルバイト)

「ご飯を食べにおいで」と言われて行くと…

義母から主人に「2人でお昼ご飯を食べにおいで」と、連絡がありました。
10分後くらいに義母宅にお邪魔すると、なぜかとても機嫌が悪く、私たちを完全無視…。

微妙な空気のままご飯を食べ、すぐ帰宅しました。
気分屋にも程がありますよね…。
(38歳/専業主婦)

外壁塗装をしたら…

高齢の義母は騒音に敏感です。
そのため、義母が入院している間に家の外壁塗装を行いました。

一時退院した義母は、外壁塗装を見て「運気が下がるから他の色にして」と一言。
そう言われても、すでに外壁塗装は完了しているし、どうしようかと悩みました。

そんな様子を見て、近所の人も「大変ね」と声をかけてくれました。
しかし義母は、私が勝手に外壁塗装をしたことを近所の人に言いふらしたのです。

これ以上悪者扱いされるのは嫌なので、長年掛けて貯めたヘソクリで再び外壁を塗り替えました。

外壁塗装が終わったばかりなのに、再び外壁塗装を始めたため、近所の人はまたしても「大変ね」と一言。
義母は私がやることなすこと、全て気に食わないのです…。
(30代/専業主婦)

いかがでしたか

昔から「嫁と姑」というワードがあるように、姑はなにかと嫁を敵対視しがちなのでしょうか…。

「ムッ!」ときても、その場では穏便に過ごしておくのが、長い今後を考えると得策なのかもしれませんね。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<夫の浮気相手はまさかの母親>“義両親”まで夫の肩を持ち始めて…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事