赤バラ108本の花束あるあるとは…?
@kichijirooさんの『突然頼まれる大量のバラの花束。その裏ではお花屋さんが手が攣るほど苦労していて…』を紹介します。

プロポーズでバラの花束を贈る…。特に「108本」は「永遠に」との語呂合わせからプロポーズにピッタリの数。しかし、その花束を用意する花屋さんには苦労があるようです…。

108本の花束で苦労するのは…

でも苦労ばかりではなく…

これだけはいつも大変…

いずれにしても事前予約をするのが安心ですね…!

108本の花束は花屋さんとしては有難いご注文ですが、色々大変なこともあるみたい…。
素敵な花束を用意してもらうためにも、事前予約を心がけたいですね。

今回は『突然頼まれる大量のバラの花束。その裏ではお花屋さんが手が攣るほど苦労していて…』をご紹介致しました。

]

(恋愛jp編集部)(イラスト/@kichijiroo)
本文中の画像は投稿主様より掲載許諾をいただいています。

▶合わせて読みたい

▶新連載!「相手は?彼氏?誰なのかちゃんと話しなさい」高校2年生で妊娠したA子。隠していると、お母さんに気づかれてしまい…【妊娠から暴かれる家族の秘密】

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事