義父母のひと言に思わず耳を疑った…なんて経験はありませんか?
今回は、「衝撃を受けた…!義父母の一言エピソード」を4本ご紹介します!

間取りを見せると…

新築を建てる時のこと。
義母と義姉から、「貸せるお金はないから自分達でなんとかしなさい」と言われていました。

ある日、2人から「新築の間取りが見たい」と言われ、間取りを見せました。
すると義母から、「あれ?私の部屋がないわ」と一言。

義姉からは、「まだ間に合うから一階に和室作ってよ!よろしくね」と一言。
意味が分かりませんでした…。

「一緒に住もうとしていたの?噓でしょ?」と、本当に驚いたとともに怖くなりました。
(40歳/パート)

出産祝いをもらったけれど…

子どもが生まれ、主人の遠方に住む義母のお母さん(主人からみたら祖母)から出産祝いをいただきました。

その後、なかなか子どもを会わせに行けないままコロナが蔓延。
また、2人目の妊娠・出産と重なったこともあり、さらに行けないままになっていました。

しかし、祖母からは2人目の出産祝いまでいただきました。

1人目を会わせに行けないまま、2人目のお祝いを受け取ったことを義母はよく思わなかったのでしょう。

義母から、「ご祝儀泥棒にならないように」と一言。
驚きました…。
(30代/パート)

バレンタインを渡すと…

バレンタインに簡単なものを手作りし、義実家へ届けに行った時のこと。
義父と義母で食べられるように2人分用意していました。

その場で開けてくれ、「さあ食べよう」というところで、「これはちょっと…体にあまりよくないから。」と一言。

気を遣ってわざわざ2人分用意していったのに…。
「来年からは絶対にあげたくない!」と思った出来事でした。
(38歳/専業主婦)

結婚指輪を買いに行こうとしたら…

結婚が決まり、二人で結婚指輪を買いに出かけようとしたときにのことです。
彼が、「貯金降ろしてもらってくる」と一言。

私は「?」と一瞬固まり、「どういうこと?」と聞きました。
すると、貯金は母親が管理しているとのこと。

彼の家に行き、母親に「お金おろしてきて」とお願いすると「何に使うの?」と尋ねられました。

「結婚指輪を買いに行く」「じゃあ○○円でいいわね」と、最初から義母に指輪の単価を決められていました。

20代後半にもなって母親に貯金の管理をされ、自ら引き出すこともできない彼にドン引き。
結局その日は指輪の下見だけをして、金額を確認し、購入はしませんでした。

義母に指輪の金額を指定されたのが衝撃でした…。
(34歳/専業主婦)

いかがでしたか

いい大人が、義母にお金の管理をしてもらっているなんて…
思わずドン引きしてしまう気持ちわかりますね!

今回は義父母の衝撃的なひと言エピソードをご紹介しました。
次回の体験談もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

▶<夫の浮気相手はまさかの母親>“義両親”まで夫の肩を持ち始めて…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事