ドン引きするようなLINEがきっかけで、相手に対する印象が大きく変わった…、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“ドン引きLINEエピソード”を3本、ご紹介します!

3年間音信不通だった先輩から…

学生時代にアルバイト先で出会った先輩。
業務連絡のために連絡先を交換し、当たり障りのない日常会話をしていました。

しかし、ある日を境に音信不通に…。
何回かメッセージを送りましたが、既読のみで返信が来ることなく3年ほど経ちました。

そんなある日、唐突に「デートに行かない?」とのメッセージが。
3年間ずっと既読スルーされていたので、丁寧にお断りをしました。

すると「あなたのことを思って、この3年頑張ったのに」とメッセージが…。
ゾッとして、既読スルーにしました。
(26歳/会社員)

マネージャーをしていることを知った元カレから…

元カレからのLINEです。
浮気をしていたにもかかわらず、頻繁にLINEが来ていました。

私は、当時大学のサークルでマネージャーをしていました。
そのことを知ったらしく、突然元カレから「俺のマネージャーになって、毎日俺のことを気遣って!」とLINEが届きました。

気持ち悪すぎて、すぐにブロックしました…。
(24歳/会社員)

引っ越し先の住所を教えると…

年賀状のやりとりしていた友達に、引っ越し先の住所を知らせるLINEをしました。
すると、「ここだよね?」と家の写真が送られてきました。

その友達は、県外に住んでいます。
我が家の写真をいつ撮影したのか怖くなりました。

以後、その友達とは年賀状のやりとりをやめました。
(36歳/自営業)

いかがでしたか

返信に困るようなドン引きLINEの数々…。
送った側はおもしろ半分かもしれませんが、受け取った側が同じ感覚とは限りませんよね。

以上、今後の付き合いを見直したくなるようなドン引きLINE体験談でした。
次回の「ドン引きLINEエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「ふざけんじゃないわよ」真面目だと思っていた夫。ある日“見知らぬ女”を連れ込んでいて…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事