彼氏や旦那から明らかに自分ではない別の女性に向けたLINEが届いた…、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“本当にあった浮気バレLINEエピソード”を3本、ご紹介します!

2度も誤送信してきた挙句…

付き合っていた彼氏から、「昨日は相談に乗ってくれてありがとう。また飲みに行きましょう。〇〇さん(女性の名前)と一緒にいると安心します。」というLINEが来ました。

なんのことかと尋ねると、曖昧に濁されました…。
こちらも、それ以上聞いて関係が壊れることが怖くて聞かずにいると、また彼からLINEが。

「〇〇さん、好きです」というLINEを、間違って私に送ってきたのです。
問い詰めると「他に好きな人ができた」と言われたので振りました。
(29歳/アルバイト)

夕飯のメニューを…

「今日の夕飯、うちは肉じゃがらしい。〇〇さんの作った肉じゃが食べたいな~?」というLINEが届きました。
「食べさせてもらってきなよ」と返信すると、既読スルー。

結局帰ってきて、うちの肉じゃがを食べていました。
無表情で!!(笑)
(32歳/アルバイト)

婚約が決まったのに…

遠距離だった彼との婚約が決まったある日のこと。
「最後に一度会えないかな?」と連絡が来ました。

私は意味がわからず、「どういうこと?」と普通に返信。
すると、焦ったような声で電話があり「さっきのは間違いだから気にしないで」と言われました。

しかし「なにかおかしい…」と女の勘が働き、問い詰めると白状しました。
飲み会で知り合った子に送るはずだったと!

しつこいくらいに謝られたけど、私は許せず婚約破棄しました!
今幸せだし、あの時別れて正解でした。
(40歳/パート)

いかがでしたか

文面から「なにか怪しい…」と気付くようなLINEばかり…。
他の女性に送る文章を見るのは、気分が悪いし腹立たしいですよね。

以上、彼からの誤爆LINEで浮気に気付いた体験談でした。
次回の「本当にあった浮気バレLINEエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「家計もまともに管理できないダメ嫁」と罵るモラハラ夫が、実は…<夫の浮気相手はまさかの母親>

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事