義父母からのキツイ一言に傷ついた…、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“義父母の衝撃的なひと言エピソード”を4本、ご紹介します!

子どもに対して…

友人の話です。
友人の義母は子どもに対して気に食わないことがあると、「ママに似たのかしら…」と呟くように言われるそうです。

しかし、子どもが学校のリレーの選手に選ばれた時には「やっぱり我が家の血をひいたのね」と一言。

友人は都大会にも出たことがあるほど足が速かったので、言い返したそうです。
(42歳/無職)

名付けてくれた義父から…

次男が生まれたときの話です。
長男のときと違い、名前がなかなか決まらず、義父に名付けてもらいました。

すると1年後に、「俺は別に産んで欲しいとか思っていなかったし、名前なんてどうでもよかった。」と衝撃の暴露。
唖然としました。
(39歳/パート)

つわりで帰省中に…

子どもを妊娠中、つわりが酷くて実家に帰省していたときの話です。
勝手に姑が新居に上がり込み、旦那に「ご主人様の世話をほったらかして、実家に帰るなんて嫁の怠慢だ。」と文句を言っていたそう。

心底ムカつきました。
(39歳/パート)

手土産を見た瞬間…

結婚して最初のお正月。
遠方にある主人の実家に帰省した際の話です。

東京の有名なお土産を買って行き、義母に渡しました。
するとお土産を見た瞬間、「あなたたちは本当に無駄遣いが好きよね。少しは貯金しているの?」と一言。

ちなみに、以前安いお菓子をお土産に買っていった際には「センスがない」と言われました。
いろいろと考えて買って行ったにのに、結局何をしても文句を言うのだなと唖然としました。
(34歳/主婦)

いかがでしたか

嫁に対してなにか文句を言わないと気が済まないのでしょうか…。
文句を言われた方の気持ちも考えてほしいものですね。

以上、義父母からのキツイ一言体験談でした。
次回の「義父母の衝撃的なひと言エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「働きもせず遊んでばかりじゃない」同居を始めたら姑が最悪だった…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事