自分の知らないところで、ありもしない噂をたてられた……なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“身近に潜む敵エピソード”を3本、ご紹介します!

親友だと思っていたのに……

学生時代、お昼ご飯や放課後もいつも一緒にいたクラスメイトがいました。
私はずっと親友だと思っていたのですが、ある日SNSでその子の裏アカウントを発見。

そこに書いてあったのは、ほとんど私の悪口でした。
裏アカウントに書くくらいなら、直接言って欲しかった……。
(24歳/専業主婦/女性)

私のマネばかりする友人が……

中学生の時の話です。
私の私服を褒めてくれる友人がいました。

「これかわいい」「あれかわいい、どこに売っていたの?」などと聞いては、似たようなものを用意してくる友人。

最初は友達だし、お揃いでもいいかなと思っていました。
しかし陰では、「すぐ私のマネをして嫌なんだけど」などと言っていたらしい……。

お互い違う高校に進み、すっぱりお別れしました。

(40代/女性)

憧れていた同期が……

新入社員として入った会社での話です。

同じタイミングで入った同期はとてもコミュニケーション能力が高く、入社間もないにも関わらずすぐに先輩とも仲良くなっていました。

そんな同期のことを、人見知りの私は羨ましく感じていました。

しかし、そのぶん愚痴が多く、関わった先輩たちの愚痴を休憩のたびに聞かされて疲れていました。

ある時、先輩と話していた時に「イメージと違ったわ」と言われました。
話を聞くと、同機が私のことを愚痴っていたらしく、その内容は作り話ばかり……。

本当にびっくりしました。
「誤解されたままだったら、今後の社会生活どうなってしまうんだろう……」と怖くなりました。

その後、いい噂を聞かなくなった同期は、すぐに辞めていきました。

(39歳/主婦)

いかがでしたか

親しくしておきながら、陰で悪口や嘘を言われるなんて腹立たしいですね……。
もし陰で言われていることに気付いたら、誤解のないようにしておく方がよさそうです。

以上、親しくしていた人が実は敵だと気付いた体験談でした。
次回の「身近に潜む敵エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<ママ友の“新しい彼氏”ってまさか…>BBQでいい雰囲気だったママ友と夫。それだけで終わると思っていたのに…!

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事