家庭運は、親や子ども、兄弟、パートナーなど、家族との関係を指す運気のことです。
実は、家庭運が全体の運気に影響を及ぼすことも少なくありません。

そこで今回は、4月後半に家庭運のいい星座を、ランキング形式でご紹介していきます。
あなたの星座は何位に入っているでしょうか?

さっそく見ていきましょう。

12位 いて座

いて座は、裏表がないオープンマインドなタイプです。
誰に対しても同じ態度で接する真っ直ぐさがあり、周囲からも信頼を得ているのではないでしょうか。

一方、やや大雑把で雑な面があるため、ついデリカシーのない発言をしてしまうことも。
4月後半は、家族に対する何気ない一言によって、家庭内の雰囲気が悪くなってしまうかもしれません。

身内であっても心配りは大切です。
相手を尊重することを忘れないようにしましょう。

11位 ふたご座

話題の引き出しが多く、会話上手な人が多いふたご座。
好奇心旺盛で、いろいろなことに興味をもつタイプといえます。

ただし飽きっぽいところがあるので、一つのことに集中できず、すぐ違う対象に目移りしてしまうことも。
4月後半は、こういった傾向が顕著に出る時期かもしれません。

とくに、家の中での行動や発言にブレが生じそうです。
家事が途中までになっていたり、「やるやる」といっておきながら結局やらなかったり。

そういったあなたの態度に、家族がイライラしてしまう暗示があります。
必ず一つのことを終わらせてから、別のことに取りかかるようにしましょう。

10位 やぎ座

忍耐強く、何でもまじめにこなすタイプのやぎ座ですが、頑固すぎるところが玉にキズといえます。
自分に厳しいだけでなく、他人に対しても厳しい傾向がありそうです。

家族にも、つい「なんでできないのかな?」「きちんとやるべき!」などとキツいことを言ってしまいがちかもしれません。

4月後半は、忙しい出来事が重なってイライラがマックスになる可能性があります。
そんな時は、ふわふわしたぬいぐるみやクッションがラッキーグッズになるでしょう。

ギュッと抱えて、心地よさを感じてみてください。

9位 おうし座

おうし座は自分なりのこだわりをもっていて、一度ハマったものに対しては、とことんハマってしまう傾向があります。

気がついたら、「推し」にお金を使いすぎてしまっていた……なんてことも。

また、所有物をなかなか捨てられないところもあり、身の回りがゴチャゴチャしがちな面もあるかもしれません。

4月後半は、部屋の片付けをめぐって家族とのケンカが勃発しそうです。
まずは、どうしても必要なものと不必要なものに分けるところから始めてみましょう。

思い切ってスッキリさせると、家庭運だけでなく他の運勢も急上昇しますよ。

8位 さそり座

基本的に疑い深いところがあるさそり座。
身近な人にも、なかなか本心を打ち明けられない傾向があります。

それが原因で、良好な関係が築けていないケースも。
4月後半の家庭運はまあまあで、とくに大きな動きはなさそうです。

ただ、運気上昇のチャンスが来る可能性はあります。
連休を利用して、家族との時間を増やしてみるといいでしょう。

また、いつもと対象的なカラーを身につけると吉。
黒い服が多いならアクセントとして白を取り入れるなど、いろいろと工夫してみてください。

7位 しし座

外ではいつも堂々とした雰囲気をまとっているしし座にとって、家庭は唯一の安らげる場といえそうです。
大切な人たちに囲まれることにより、元気をチャージできているのではないでしょうか。

4月後半は、家庭運は良くも悪くもありませんが、暖かくなるにつれて運気が上がっていきそうです。
家族にいいことが起こる前兆が出てくるかもしれません。

この時期、家族みんなで利用している日用品がキーポイントになります。
手洗いソープやシャンプーなど、いつもより少し高級なものをチョイスするといいでしょう。

6位 てんびん座

争いごとを何よりも嫌うてんびん座は、目の前で繰り広げられる口論などがとくに苦手なタイプです。
仕方なく仲裁に入ることも多いですが、できればみんな仲よくしてほしいと願っていることでしょう。

4月後半は、家族を含めて自分の身の回りがすべて円満になる時期です。
飛び上がるほど嬉しいことはないものの、てんびん座が願っている平和な状態が続きます。

また、この時期は腕時計がラッキーアイテムです。
いつもは身に着けることがなくても、この時期だけは着けるようにすると吉。

チープな物でもかわいいものがたくさんあるので、ぜひお気に入りを探してみてください。

5位 みずがめ座

周りからどう見られても、あまり気にしないタイプのみずがめ座。
忠告にもわかったふりをするだけで、心の奥では肯定していないこともあるのではないでしょうか。

オリジナリティを大切にするみずがめ座にとって、家族からの横やりは苦手なものの一つかもしれません。
4月の後半は、とくに横やりが入ることなく、自由に何でもできる期間になりそうです。

家庭運としても、わりといい感じだといえるでしょう。
さらに運気を上げるには、星のワンポイントが付いた小物を持つのがオススメです。

4位 おひつじ座

いつも前向きで、やる気にあふれているおひつじ座は、周りからの評判も上々です。
家庭内でもそのリーダーシップで、家族を引っぱる役割が多いのではないでしょうか。

頼りにされることで、ますます元気になるタイプかもしれません。
4月後半は、おひつじ座のポジティブさや行動力が発揮されやすい時期になりそうです。

なかなか改善できなかった家の中のことに力を入れていきましょう。
とくに、キッチンやバスルームなどの水回りに手をかけると吉。

3位 おとめ座

繊細で、細かいことにまで気が回るタイプのおとめ座。
また、何ごともいい加減にできない生真面目さがあります。

家庭においても、快適にみんなが過ごせるように配慮するようなところがあるでしょう。
4月後半は、そんなおとめ座が報われるような吉報が届くかもしれません。

身内にまつわるステキなできごとに、みんなで幸せな気分が味わえそうです。
この時期は、マスクに付けるアクセサリーがラッキーアイテム。

ぜひお店で、お気に入りのものを探してみてください。

2位 うお座

ほんわかとした不思議ちゃんタイプが多いうお座。
あまり家庭のイメージがありませんが、実は家や家族が大好きといった一面も。

甘え上手なので、家族からの愛され度も高いでしょう。
4月後半は、とくに愛され度がアップする時期でもあります。

また、身内の小さい子どもとの相性も抜群。
うお座を中心に、笑顔が広がるシーンが増えそうです。

1位 かに座

身内や家族を愛する気持ちは、12星座中1番のかに座。
家庭運のよさが、全体の運気を上昇させるところがあるでしょう。

4月後半は、家庭運がかなりアップします。
自分を含めて、周りみんなが明るく楽しい時期を過ごせそう。

笑顔を忘れずに、幸せオーラをどんどん広げていくようにしてくださいね。

あなたの星座は何位に入っていましたか?
GWを控えるこの時期、今回のアドバイスを参考にして家庭運を上げていきましょう。
(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

【おひつじ座+おうし座+ふたご座+かに座】2022年上半期の運勢は…!?

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事