義実家の衛生観念に衝撃をうけた……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“義実家での衝撃エピソード”を3本、ご紹介します!

埃まみれのおもちゃを子どもに渡してきて……

義実家あるあるだと思いますが、子どもを連れていくと、押し入れの奥から埃まみれのおもちゃを出してきて遊ばせようとします。

何十年も前の薄汚れてボサボサのぬいぐるみや、埃まみれのミニカーなど……。
1000歩譲って、拭いて渡すならまだしも、埃まみれのままです。

小さい子どもは、なんでもすぐに口にいれるのにおかまいなし!
私はずっとハラハラしています……。

そのくせ育児を偉そうに語られるので、義実家に行くのがストレスです。
(28歳/兼業主婦)

義実家で飼っている犬は……

義実家で飼っている犬は、お散歩から帰宅しても足を拭いたり洗ったりせず、そのまま家の中へ入ります。
汚れた足のままリビングやソファにいるので、カーペットやソファには土汚れが……。

義両親は気にならないのか、平気でその上に寝転んだり座ったりしています。
私は嫌なので、いつも義実家専用の円座を持参。

汚れてもいい服で行きます(笑)
(28歳/専業主婦)

義母の友人からおさがりをもらってきて……

私が妊娠中の話です。
義実家にとって初孫でした。

義母は、はりきって自分の友人の家へ出向き、友人の孫のおさがりを次から次へと貰ってきました。
しかし、そのおさがりは10年以上も前のもの。

きれいに保管されていたわけでもなく、適当に仕舞われていたのかシワだらけでした。
そんなおさがりを、義母は使い古したボストンバッグに入れて郵送してきたのです……。

おそらく配送業者が入れてくれたのであろう透明のゴミ袋に、そのままボストンバッグが入った状態で我が家に届きました。
服はもちろんバッグの中で動きまくり、ぐちゃぐちゃな状態。

明らかに貰った後に洗っていないであろう衣類を「洗った」と言い張り、「あなたのためにやってあげたのよ」とドヤ顔されました。
好みのデザインじゃないうえに、衛生管理もされていない物を送られ、本当に迷惑でした。
(32歳/主婦/女性)

いかがでしたか?

義実家に行くことがストレスになるようなエピソードの数々……。
義家族に改善を求めるよりも、自分で対策を見つけて行動した方が案外うまくいくのかもしれません。

以上、義実家の衛生観念に衝撃をうけたエピソードの数々でした。
次回の「義実家での衝撃エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<新連載!>いつも通り夕飯を食べに行ったら、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事