直感で選んだものには、その人の本質が現れます。
本記事では、あなたは“感情”を表に出す人?出さない人?を診断しています。

ぜひ、チェックしてみてくださいね。

Q.ひとりで入ったカフェで美味しいスイーツを食べました。
その後、あなたならどうしますか?
次の中から直感で選んでください。

A.またひとりで食べにくる
B.次は友達を連れて食べにくる
C.店員さんに「美味しかった」という
D.即座にSNSにアップする

A:またひとりで食べにくる

またひとりで食べにくるを選んだあなたは、あまり“感情”を表に出さない人です。
冷静沈着で、ひとりの時間を大切にしているあなた。

感情表現は控えめといえます。
喜怒哀楽は表に出すより、ひとりで噛みしめるほうがしっくりくるでしょう。

B:次は友達を連れて食べにくる

次は友達を連れて食べにくるを選んだあなたは、適度に“感情”を表に出す人です。
あなたは感情をコントロールすることが得意な人といえます。

むやみに感情をむき出しにすることはないでしょう。
共感や親近感を深めるために必要な感情表現が自然体でできているため、安定感があります。

C:店員さんに「美味しかった」という

店員さんに「美味しかった」というを選んだあなたは、“感情”を表に出す人です。
サービス精神旺盛で、人懐こい性格のあなた。

嬉しいことや楽しいことがあると、その気持ちを抑えられません。
感情がつい表に出てしまう、わかりやすい人ともいえそうです。

D:即座にSNSにアップする

即座にSNSにアップするを選んだあなたは、“感情”を表に出さずにはいられない人です。
目立ちたがり屋で、ややかまってちゃん気質なあなた。

喜怒哀楽をはっきりと表に出す人といえるでしょう。
率直な感情表現と情報発信が得意なため、身近な人への影響力も大きいはず。

極めればインフルエンサーになれそうです。

あなたは“感情”を表に出す人?出さない人?を診断しました。
ぜひ本記事を参考に、より魅力的な感情表現を身につけてくださいね。
(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<12星座別>2022年上半期星座ランキングまとめ!

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事