仕事がらみでのLINEのやりとりのはずが、プライベートなことまで根掘り葉掘り聞き出そうとする人、いますよね?
今回は実際にあった“ドン引きLINEエピソード”を3本、ご紹介します!

何度も断っているのに……

お客さんとのLINEで、しつこく食事のお誘いをしてくる人がいました。
そのたびに、「彼氏に怒られるのでごめんなさい」と断っていたのですが、何を期待しているのか何度も何度も誘ってくるのです。

そのため、毎回同じように断っていました。
そんなある日、また誘われたので、「婚約したので無理です。」と断わりました。

しかし、「だめなんですか、少しくらいいいじゃないですか」と一言。
「不貞行為なのでアウトです」と答えると、ようやく「だめなんですか……そうですか……」と引き下がりました。

こんなに断っているのに、なんでしつこく誘ってくるんだろうと、気持ち悪かったです。
(30歳/会社員)

バイト先の店長から……

ラーメン屋でアルバイトしていた友人の話です。
店でもセクハラのようなことをされていたらしいのですが、仕事終わりに店長からLINEが。

「もう俺たち付き合っているよね?みんなに付き合ったって言っていい?彼女だって紹介していい?」と、いきなり言われたそうです。
そんな会話1ミリもしていなかったそうですが……。
(23歳/フリーター)

営業目的のLINEなのに……

お店のお客さんとLINEを交換しました。
営業目的なので、ほとんどの人は「○日にお店に行きたいんですが、いますか?」などの内容です。

しかし一人だけ、「好きな食べ物はなんですか?」と聞いてくる人がいました。
「何で知りたいんですか?」と聞くと、「食事に行きたいから」と返信が。

「お客さんとそういうのはだめです」と言うと、「別に気にしないでください、あなたに近づきたいだけでしたから」と返ってきました。

さすがに怖すぎたのですが、立場的にブロックできず……。
そのまま放置していたら、相手の方からブロックされていました。
(30歳/会社員)

いかがでしたか?

思わず鳥肌が立つようなLINEの内容ばかり……。
返信に困るようなLINEが届いた際には、ひとまず既読スルーで様子を見るのが得策かもしれませんね。

以上、仕事がらみで届いたドン引きLINEの数々でした。
次回の「ドン引きLINEエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<最低な旦那への逆襲>「あれ…なんか怪しくない?」あまりにも遅い夫の帰宅に“浮気“を疑った私は、あらゆる手段を考えて…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事