結婚が決まるとつい浮足立ってしまいますが、浮足立ちすぎて失敗した……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“結婚前の失敗エピソード”を4本、ご紹介します!

衣装のためにダイエットを始めて……

結婚式の日取りが決まると、出席者のことや食事のメニューなど決めることも多く、いろいろな段取りが発生します。
その中でも、新郎新婦ともに悩むのが衣装です。

私たちは実際に衣装を決めてから当日までに時間があったため、妻と一緒に「太らないように体型を維持しないとね」と話していました。

しかし、それを気にしすぎてしまい維持どころかお互いダイエットを開始。
当日、衣装を着るとサイズが緩くなってしまい困ったことになりました。

私(新郎)側はベルトを締めるくらいでなんとかなりましたが、妻の方は見えないように安全ピンでドレスを何ヶ所も留める羽目に……。

なんでもやりすぎはよくないですね。
(45歳/会社員/男性)

友人から結婚相手の悪口を言われて……

私の結婚が決まった時、社内恋愛で交際期間が期間が短かったため、友人は結婚相手の情報を何一つ知らない状態でした。

独身の友達に久しぶりに会い、結婚の報告をすると友人の態度が一転。私の結婚相手に対し、チクチク悪口を言ってきたのです。

友人は私が結婚することに焦っているようでしたが、自分の結婚相手のことを悪く言うことは許せません。
私は言われたお返しに、「20代のうちにウェディングドレスを着ておいた方がいいよ」と言いました。

友人は憤慨していましたが、なにも知らない私の結婚相手をチクチク悪く言った仕返しです。
焦っている友人に「やってはいけないことをしたな……」と思いました。
(主婦/女性)

先走った父親が……

結婚前、父親が妻と話している時に、結婚式場について質問を受けました。
「まだ決まっていない」と回答すると、父親は「早く決めなきゃ」と先走り。

私だけでなく義理の両親の承諾を得ないまま、勝手に父親の知り合いの式場を予約してしまいました。
(51歳/会社員/男性)

いろいろな人に彼氏の話をしていたら……

私の友人の話です。
彼氏と別れたばかりの話を家族や友人など、多数の知り合いにしている子でした。

しかし、次に付き合った人とすぐに授かり婚をすることに。

別れた報告からわずか1ヶ月での結婚報告ということや、相手が違うという話はすぐに広まり、本人や家族はとても気まずそうでした。
(30歳/会社員/女性)

いかがでしたか?

結婚することが嬉しくても、ある程度の冷静さは大切なのかも……。
振り返ると結婚前の失敗も笑い話になるかもしれませんね。

以上、結婚前に浮足立ちすぎて失敗した体験談でした。
次回の「結婚前の失敗エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<新連載!>いつも通り夕飯を食べに行ったら、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事