見ず知らずの人の言葉に救われた……、なんて経験はありますか。
今回は実際にあった“見ず知らずの人に救われたエピソード”を3本、ご紹介します。

バスの中をウロウロする子どもに参っていると……

当時5歳と2歳の子どもを連れて動物園の帰り道、バスの中で……。
普段は大人しく過ごせていますが、その日は楽しさと疲れからおかしなテンションになり、バスの中でウロウロしだしました。

申し訳ない気持ちでいっぱいで周りの方に謝罪し、とにかく早く最寄りのバス停についてほしい!と願っていました。

同じバス停で降りたおじいちゃんが声をかけてくれ、途中まで一緒に帰ることに。

おじいちゃんは「おっちゃんの家ここやし、困ったことがあったらいつでも声掛けや」と温かい言葉をかけてくれ、すごく嬉しかったです。

今でもおじいちゃんの家の前を通りますが、今思春期で大変で……と心の中で報告しています。
(30代/医療関係/女性)

「グッドラック」

私がアメリカにいる妹のお産で手伝いに行ったときのことです。

成田からロスの空港で乗り換えてデンバーに行くのに、空港内で乗り換えではなく、バスで移動するのに運転手さんに降りる場所がわからないので聞いても、日本人で英語が下手な私を無視し続けて教えてくれませんでした。

困っていたら、乗っていたイケメンの外人さんが運転手さんに言ってくれて、やっと降りる場所がわかり乗り換えができました。

その外人さんは笑顔で、「グッドラック」と言ってくれたことが今でも忘れられないいい思い出です。
(48歳/専業主婦)

誰も助けてくれないと泣きそうになると……

そこそこ空いている電車に乗車し立っていたとき、酔っ払った60代のオジサンが近づいてきました。

フラフラと歩いているオジサンはまっすぐに私に向かってきており、避けようとするもべったり体を近づけてきて恐怖を感じ、助けを求めるも周りの人たちは見て見ぬふり。

泣きそうなっていたその時、柔道をしていそうなほどガッシリした体格のスキンヘッドの50代程の男性が、酔っ払いと私の間に立ってくれました。

オジサンはその方へ暴言を吐くも、その方は私に「大丈夫だよ」と言ってくれ下車するまで私の横に立ってくれていました。
(32歳/会社員/女性)

いかがでしたか?

心温まる内容の数々……。
困っている人にサッと手を差し伸べられる姿は、本当にカッコイイですね。

以上、見ず知らずの人にピンチを救われた出来事でした。
次回の「見ず知らずの人に救われたエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<新連載!>いつも通り夕飯を食べに行ったら、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事