ひょんなことがきっかけで、警察を巻き込む事件になった……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“警察沙汰エピソード”を3本、ご紹介します!

漏らしてしまった上に……

僕の友人が急な腹痛でお腹が痛くなり、トイレに駆け込みましたが間に合わず、漏らしてしまったそうです。

友人は替えの下着などを買うためにお店に向かっていたとき、パトロール中の警官と目が合ってしまい、やましいこともないのに目をそらしてしまったために職質にあってしまったそうです。

漏らしてしまって気持ち悪いし、早く着替えたいしで焦っていた友人は漏らしたことを知られたくなくて「俺は何もしていません」と言いながら走り去ってしまったそうです。

何かしたのではと勘違いした警官に追われることになった友人は結局止められて、怒られながらも事情を話すと笑われたそうです。
(32歳/会社員/男性)

家出した夫が……

結婚して1年が経った頃、夫の借金が発覚したので問い詰めると、夫は家から飛び出しました。
夫の両親や夫の友達にも連絡し探しても見つけられなかったため、警察に行って相談しました。

事件性がないと警察も動けないと言われましたが、たまたま巡回していたパトカーが夫の車のナンバーを見て保護してくれました。

まさか警察にお世話になるとは思わず、とても情けない思いをしました。
(34歳/派遣社員/女性)

ゲームセンターで……

大学生の時に地元に帰省して友達と遊んでいたときのことです。
友達がゲームセンターのドラムの椅子を持って帰ってしまったことがありました。

後日、大学に戻ったところ、地元の知らない電話番号から着信が。
出てみると地元の警察でした。

費用負担してもらうことを条件に、事情聴取のために警察署まで行きました。
(44歳/自営業/男)

いかがでしたか

ちょっとした出来事が発端となって、警察のお世話になった人も……。
いざ事情を説明するときに、恥ずかしくなってしまいそうですね。

以上、ひょんなことから警察沙汰になった体験談でした。
次回の「警察沙汰エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<いざという時に限って…>実際にあった“やらかし事件エピソード”まとめ9選

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事