自分の息子や娘にだけ甘すぎる義両親にモヤモヤ……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“義両親の過保護エピソード”を4本、ご紹介します!

下着は全部……

義母は医師で多忙なのにもかかわらず、私たちが結婚して同棲するまで、夫のことは何でもやってあげていたようです。

そのため、夫は魚の骨を取ることや耳かき、鼻毛切りですら自分ではできません。

夫の下着が古くなりいくつか処分したので、新しいのを帰りに買ってきたらと言ったら「全部ママが買っているからどこに売っているか分からない」と言われたときには愕然としました。
(29歳/会社員/男性)

夫の体調を報告させられて……

長男が熱を出した時に、心配するメールを送るだけだった義母。

夫に熱が移ったときには、頻繁にメールしてくるようになり、食べ物は食べられているのか、飲み物は飲めているのかなど、逐一報告させられました。

40過ぎの夫なので、1人でなんとかなるだろうと思っていましたが、義母が夫を心配するメールがうざかったです。
(33歳/サービス業(コールセンター)/女性)

予定を細かく把握していて……

旦那の実家にいたときのエピソードです。
旦那が休日などに友達や会社の同僚と出かけると必ずどこに行くのか、誰と行くのか聞いていました。

過干渉すぎるし、何歳になっても息子のことが気になって仕方ないんだなと思いました。
(30歳/専業主婦)

30歳過ぎの義妹に毎朝……

夫には3歳下の妹がいます。
彼女は国立大学卒業後、国家公務員になりました。

義家族の中では1番のエリート。
そのため、朝ご飯などは義両親が給仕のように義妹の部屋へ持っていきます。

義妹は30歳を過ぎているのに親に給仕をしてもらうのは当たり前と考えており、また職場への送り迎えは義父が毎日行います。

30歳を過ぎた大人が70歳の親に至れり尽くせりしてもらうなんて信じられません。
自分ではラーメンさえも作れず、彼氏いない歴=年齢の義妹。

かなり痛々しいです。

優秀な妹を過保護にする気持ちはわからなくもないですが、義妹が自立するためにも過保護にするのはやめるべきですね。
(38歳/ライター/女性)

いかがでしたか

過保護に育てられた結果、自分のことさえできないという人も……。
自立できていない夫や妻だと、結婚相手は苦労が絶えないかもしれません。

以上、甘すぎる義両親への不満特集でした。
次回の「義両親の過保護エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<新連載!>いつも通り夕飯を食べに行ったら、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事