ママ友からの衝撃的なLINEにドン引きした……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“衝撃のママ友LINEエピソード”を3本、ご紹介します!

デートの相手は……

あるママ友からのLINEです。

「実はね、次の週末にお気に入りの男の子とデートできることになって。その時にうちの子ども預かってくれないかなぁって。お願いしてもいいよね?」とのこと。

これが旦那さんとのデートならば、快く受け入れました。
しかし、相手は旦那さん以外の男性だったのです……。
(22歳/会社員/女性)

ママ友の悪口を送りつけてくるようになり……

子どもの習い事でつながるようになった5人のママ友グループで起こったことです。
初めは、習い事に関することや、子どもの話など、当たり障りのない内容のやりとりでした。

しかし、そのうちの1人のママ友Aが、習い事の先生の悪口や愚痴などのネガティブな話題をするようになり……。

挙句の果てには、グループの中のママ友Bとの個人的な黒いやりとりをスクリーンショットし、「こんなこと言っているよー!性格悪いよね。」と写真とともに私に送ってきたのです。

さすがに「そんなあなたはどうなの?」と思い、そのママ友たちとは距離を置くように……。

おそらく、他のママたちにもそのような感じで送っていたのか、グループ内がギクシャクするようになりました。
今では、もう連絡を取ることもありません。
(38歳/個人事業主/女性)

お金を使いすぎたからと……

あるママ友から、「旦那に内緒でお金を結構使っちゃった。それで生活費とかがちょっとだけピンチかな?みたいな?できたら、ほんの少しでもいいからお金貸してほしいなみたいな?」とLINEが。

稚拙な文章だし、なによりいったいどれだけの額を、何につぎ込んだのかが気になりました。
(22歳/会社員/女性)

いかがでしたか?

衝撃的なLINEの内容ばかり……。
LINEでのやりとりで嫌悪感を抱く相手とは、そっと距離を置いた方がよいかもしれません。

以上、ママ友からの衝撃的なLINEの数々でした。
次回の「衝撃のママ友LINEエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<最低な旦那への逆襲>「あれ…なんか怪しくない?」あまりにも遅い夫の帰宅に“浮気“を疑った私は、あらゆる手段を考えて…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事