よかれと思ったことが裏目に出て、義両親の前で失敗した……、なんて経験はありますか。
今回は実際にあった“義実家での失敗エピソード”を3本、ご紹介します。

焼肉の臭いがついたまま義実家へ……

結婚して1年経ったころ。

旦那と焼き肉を食べに行った後に少し実家に寄りたいと言われ、臭いが着いた服で行くのは嫌だなと思いながらもお邪魔しにいきました。

そして義父が一緒にビールを飲もうと誘われ、飲めない主人に代わってお酒の相手をしていました。

しばらくすると胸の奥からこみ上げてくるものが……。
「ゲフッ」とゲップがでた瞬間、一気にリビングがニンニク臭に包み込まれたのです。

ヤバい!!と思っていたら「ごめんごめん」と旦那がフォロー。

帰り際に「あの臭いはヤバい(笑)」と言われましたが、お酒を飲むときは気が緩んでしまうので気を付けないといけないと思いました。
(34歳/主婦/女性)

母のスーツで義母に笑われるハメに……

婚約者の両親へ初めて挨拶に行った時のことです。

着ていく服がどうしても思いつかず、家にあったオシャレな服を着ていこうとしたところ、両親に「そんな格好で行かないの!」と止められました。

慌てて用意をした母のスーツで、ぶかぶかのウエストを安全ピンでとめて行ったところ、義母に大笑いされました。
(23歳/介護職/女性)

ルールを知らず菓子折りを持参し……

結婚して初めての正月にお年賀として菓子折りを持参したのですが、私たち夫婦以外の親戚は全員物ではなくお金をお年賀として包んでおり、義母からも次からは1万円以上包むようにと言われました。

初めから言ってくれればよかったのに……。
(35歳/会社員)

いかがでしたか?

穴があったら隠れたいほどの恥ずかしい数々……。
失敗しないためにも、事前に確認や伝えておくことが必要かもしれません。

以上、義実家でやってしまった恥ずかしい出来事でした。
次回の「義実家での失敗エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<いざという時に限って…>実際にあった“やらかし事件エピソード”まとめ9選

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事