メディアなどでよく聞く「嫁姑バトル」を実際に経験したことはありますか?
今回は実際にあった“姑の上から目線エピソード”を3本、ご紹介します!

あえて私に聞こえるように……

義理の母はお惣菜を購入することが多かったせいか、主人は手料理が大好きです。
そのため私は、毎食お惣菜は購入せず、手料理を作っています。

ある日、義母がお昼ごはんを食べに来た時に、二色丼と豚汁、サラダを作って出しました。

「お茶のおかわりが欲しい」と言われ、キッチンに行こうと私が後ろを向いた瞬間、「お嫁ちゃんの料理は野菜が少ないんだよね」と一言。

あえて聞こえるように言われました。
(44歳/会社員)

専業主婦の私に対して……

私は専業主婦ですが、姑は長くパート勤めをしています。

働いていない私に対して、「いつ働くの?私(姑)は働いているのに、若いあなたが働かないなんて!」と、いつも言ってくる姑。

うちは夫(姑には息子)が不規則な勤務なうえに、子どもの通院もあり、私が働くと家事も出来なくなるため働いていません。

しかし、何度も説明しても一向にわかってもらえません。
姑は舅が定年で家におり、暇な時間をもてあましてパートでもしているのでしょう。

こちらの息子夫婦の事情を一切、理解しようとはしてくれません……。
(44歳/主婦)

何もしない嫁かのように……

妊娠中で戌の日のお参りがまだの時期のことです。

「戌の日参りはするの?」と姑に聞かれ、まだ予定や日にちも決まっていなかったので、「まだ決まっていないんですよ。」と答えました。

すると、「本当に何もしないんだね。」と一言。
私が「するべきことをしていない」ということが言いたかったのでしょうか。

この言い方だと、まったくやることもやらない嫁みたいですよね。
戌の日参りは、時期を見てきちんと済ませました。
(26歳/会社員)

いかがでしたか?

姑の嫌味にしか受け取れない言動の数々……。
反論しても聞き入れない場合には、姑の意見は気にせず自分の信念を貫くことが一番かもしれません。

以上、姑の嫌味な言動の数々でした。
次回の「姑の上から目線エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<新連載!>いつも通り夕飯を食べに行ったら、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事