身近な人が警察沙汰を起こした……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“警察沙汰エピソード”を3本、ご紹介します!

友人に付き合って商談会に行くと……

宝石商法に友人が騙されそうになった体験談です。

20代前半の頃ですが、幼なじみの友人から「商談会に付き合ってくれないか?」と言われたので同行しました。

会場に到着すると、若い女性の方に個室へ案内され、「ヤバい所に来てしまった……」と実感。
私は話だけ聞き、「用事がある」と言い訳を言ってダッシュで逃げたのですが、友人は数時間経過しても出てきません。

さすがに危ない感じがしたので、近くにある交番へ相談することに。
交番の方からは、「暴力を受けたとかではないかぎり動けない」と言われました。

数ヶ月経過したある日、新聞を読んでいると、その業者が詐欺の疑いで捕まったことを知りました。
(46歳/自営業/男性)

調子に乗って……

旦那の友人の話です。

その日は同窓会で、みんなと久しぶりに会ったこともあり、2次会が終わり、3次会、4次会と楽しむうちに旦那の友人が泥酔してしまいました。

繁華街を歩いているときに、その友人が調子に乗って救急車を蹴ったのです。
その場で逮捕されてしまいました……。
(39歳/専業主婦)

盗難に遭ったのに……

車マニアの友人は、車種こそまあまあなランク(らしい)のですが、とにかくオプションにこだわっていました。

ある時、友人に会うとひどく気落ちしており、理由を尋ねたところ「車のホイールが盗難にあった」とのこと。

友人いわく、「俺の車は車種よりも細部で金をかけている。相手は他のものには目もくれず、一番金をかけたホイールだけ持っていった。それだけじゃない。ホイールを取ったあと、ご丁寧に足りない高さをブロックで補っていた。あれはかなりの車愛のあるやつの犯行だ」とのことでした。

何やら盗んだ相手を褒めはじめた友人でしたが、警察に相談するもホイールは戻らず……。
結局、再び同じものを購入する羽目になっていました。
(35歳/無職/女性)

いかがでしたか?

どれも衝撃的なエピソードばかり……。
警察沙汰になりそうな話には、なるべく関わらないようにしたいものですね。

以上、身近な人が警察沙汰になったエピソードの数々でした。
次回の「警察沙汰エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<新連載!>いつも通り夕飯を食べに行ったら、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事