思わず何度も読み返すほど衝撃的なLINEを受け取った……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“信じられない衝撃LINEエピソード”を4本、ご紹介します!

父が亡くなったことを兄に連絡すると……

私の兄は父と仲が悪く、長いこと疎遠になっていました。
昨年父が亡くなり、私から兄にコンタクトを取った結果、LINEの交換をすることに成功。

LINE交換をするため兄のアカウントに話しかけると、第一声が「遺産いくらくらいなの?」でした。

ドン引きしたのと同時に、つくづく兄の人間性を疑います……。
とにかく不快でした。
(33歳/主婦)

結婚前に義母から届いたLINEは……

主人のお母様は、天真爛漫で世話好きなところがある反面、不倫相手を堂々と子どもとの食事やお出かけに連れてくるような大胆な部分をお持ちの方でした。

結婚する前、お母様から私に1通のLINEが届きました。
内容は不倫相手とのラブラブショットと、「私の○○(不倫相手)に色目使うな!」というもの。

とにかくドン引きしたのと同時に、気持ち悪かったです。
現在はお義父さんとは離婚され、音信不通となっています。
(33歳/主婦)

子どもを同じ学校に通わせたいからと……

幼稚園で子ども同士が仲よくなったこともあり、かかわりを持つようになったママさんの話です。

このママさん、明らかに他のママたちとは一味も二味も変わった見た目と雰囲気をお持ちの方でした。

周りの方々も距離を取るようなお付き合いをしていたので、私も適度に距離を取るようにしていたつもりです。
しかし、なにかにつけては私に連絡をしてくるようになりました。

邪険にはできず、返信の頻度も気をつけながらやり取りをしていたのですが、明らかに向こうは私と仲よくなりたそうな雰囲気……。

そんなある日、突然「子どもを同じ学校に通わせたいから、入学までにそっちのマンションに引っ越すね」とLINEが来たのです。

ゾッとしました。
(33歳/主婦)

マウンティングしてくる相手にうんざりしていたら……

グループラインで複数人で仲よくしていた時のことです。

その中にやたらとマウンティングしてくる人がおり、聞いてもいない知識やアドバイスをしてきたりして、みんなが結構うんざりした感じでいました。

誰も構わないでいると、「自分、嫌われているの?」と一言。
心底面倒くさかったです。
(40代/派遣)

いかがでしたか?

ドン引きするような内容のLINEばかり……。
LINEでのやりとりから、その人の人となりが見えてくるのかもしれません

以上、衝撃を受けたLINE体験談でした。
次回の「信じられない衝撃LINEエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<最低な旦那への逆襲>「あれ…なんか怪しくない?」あまりにも遅い夫の帰宅に“浮気“を疑った私は、あらゆる手段を考えて…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事