過保護な義両親にドン引き……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“義両親の過保護エピソード”を3本、ご紹介します!

はるばる風邪の看病をしに……

旦那は長男で、妹さんが2人います。

長男だからなのかもともとの気質なのか、義両親は旦那に対して過保護だし、甘やかしすぎるところがあります。

以前、旦那が風邪を引いて、仕事を休んで家にいたときの話です。

突然チャイムが鳴ったので出ると、車で片道1時間はかかる距離に住んでいる義両親の姿。
看病しに来たと、旦那が回復するまで3日間、ホテルと我が家を行ったり来たり。

日頃から旦那に、毎日寝る前に自分の様子や会社のことを連絡させていたらしく、ドン引きしました。
(28歳/専業主婦)

毎日朝晩の電話に……

友だち(男)の話。
奥さんの両親が過保護だそうです。

結婚して別家庭になった今でも、6時半になると朝寝坊していないか心配で目覚まし替わりの電話をしてくるのだとか。

夜22時頃には家にちゃんといるのか、今日も無事だったか心配で確認の電話が来るらしいです。

まったく信用されていないことと、あまりの過保護っぷりに嫌気がさしているそうです……。
(28歳/非常勤講師)

仕事を放り出してご飯の用意を……

義理の両親は自営業です。

忙しい時間帯にもかかわらず義兄(当時30歳)にご飯を食べさせるために、仕事を放り出してご飯の用意をしています。

義兄のために役所の手続きなどを代わりに行ってくることも。
小学生や中学生じゃないのだから、自分でできるのでは?

「義兄のお嫁さんになる人は、どうしたらいいの?」と思いました。
(52歳/会社員)

いかがでしたか

まるで小さな子どもに接するような義両親の態度……。
我が子とはいえもう大人なので、早く子離れしてほしいものですね。

以上、ドン引きした過保護な義両親特集でした。
次回の「義両親の過保護エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<新連載!>いつも通り夕飯を食べに行ったら、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事