あまり親しくない相手から、やたらと馴れ馴れしいLINEが来てゾッとした……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“ドン引きLINEエピソード”を3本、ご紹介します!

体調不良で休んだら……

社長に「体調不良だから仕事を休む」と連絡した日。
何度も「大丈夫か」と連絡が来て、具合悪いのに嫌だなと思ってしばらく無視をしていました。

すると夕方「心配だから今、家の前に来たよ」とメールが入っており、ものすごく怖かったです。
(24歳/会社員)

いとこと連絡先を交換したら……

20代の頃の話です。
もう何年も会っていない年上のいとこと、身内の集まりで再会。

向こうから話しかけてくれ、私もいとこということで安心していました。
緊張したのは最初だけで、あとは普通に話していたのです。

しかしLINEを交換してからは、変にプライベートのことを聞いてくるようになりました。
ついには「今付き合っている彼氏じゃなくて、俺にしない?」という気持ちの悪いLINEが……。

家族にも相談して、今でも家族ぐるみで付き合いを控えています……。
(30代/パート)

年上のクラスメイトから……

専門学校で出会ったクラスメイトの、1つ年上の男の子から送られてきたLINEです。
そんなに仲よくはなかったのですが、少しだけ私の悩みを聞いてくれました。

その後、彼に授業のことで送らないといけない用件のついでに「さっきはありがとう」とLINEしました。

彼からは「俺の妹だから、いつでも助けるよ」という返信が……。
ただのクラスメイトなのに「私はあなたの妹なの?」とドン引きしました……。
(26歳/無職)

いかがでしたか

寒気がするLINEの数々……。
親しげなメッセージでも嫌悪感を覚えたら、相手と距離を置いた方がいいかもしれませんね。

以上、馴れ馴れしいLINEにゾッとした体験談でした。
次回の「ドン引きLINEエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「ごめん、今日も飲み会!」妻の帰りが遅い…→“ある人”から急に衝撃の知らせが…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事