寂しい時に優しくしてくれた相手につい心が揺らいだ……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“浮気しそうになったエピソード”を3本、ご紹介します!

異動先の優しい先輩に……

彼は平日のほとんどが日付のかわる頃に帰宅、そのまま家でも仕事をして、朝は早く出かけてしまう生活でした。

もちろん結婚しても、一緒に過ごせる時間はほとんどなく……。
そんな日々を過ごしていたある日、私が突然の異動で営業を担当することになりました。

毎日がつらく、彼に話を聞いて欲しかったのですが、もちろんできません……。

そんなとき、部署の先輩が残業に付き合ってくれたり、憂さ晴らしにと仕事終わりによく飲みに連れて行ってくれました。

帰り道も私の最寄り駅まで一緒で、毎日優しい先輩といると本当に楽しかったです。
「遅いから……」と、家まで送ってくれたこともありました。

しかしある時、「このままでは、お互いまずい!」と思ったのです。
あえて旦那さんを休日に紹介し、自制しました。

今でもいい先輩です。
(30歳/会社員/女性)

突然会社の後輩から告白されて……

数年前、彼氏の仕事が多忙なために数ヶ月会えない時期がありました。
LINEを送っても既読スルー、電話をしても留守電になってしまう日々……。

私は寂しい気持ちでいっぱいでした。
そんな時、会社の後輩の男の子から突然告白をされたのです。

背が高く、仕事もできて素敵な人だったので、一瞬心移りしそうになりました。

しかし、「毎日仕事を頑張っている彼氏を裏切ることはできない」と思いかえし、告白はきちんとお断り。

ギリギリ浮気をせずに済みました。
素敵男子からの不意打ちの告白は、ドキドキしてしまい危険だと実感した出来事です。
(32歳/会社員/女性)

長年片思いをしていた相手から……

私には、長年片思いをしていた男性がいました。
「自分など相手にしてもらえるはずはないだろう」と諦めかけていた時、告白してくれた男性が……。

その男性とお付き合いを始めて3ヶ月ほど経った頃、片思いをしていた男性からよく誘われるようになりました。

心が揺らいだのは言うまでもありません。
(43歳/無職/女性)

いかがでしたか?

寂しい時に優しくされると、普段よりも優しさが染みますよね……。
心が弱っている時は、一時の気の迷いで行動しないように気を付けた方がよさそうです。

以上、寂しさからつい浮気を思想になった体験談でした。
次回の「浮気しそうになったエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<最低な旦那への逆襲>「あれ…なんか怪しくない?」あまりにも遅い夫の帰宅に“浮気“を疑った私は、あらゆる手段を考えて…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事