義両親の子どもに対する過保護っぷりに呆れた……、なんて経験はありますか。
今回は実際にあった“過保護すぎる義両親エピソード”を4本、ご紹介します。

夫と私の差が激しい……

義理の両親は私たち夫婦が顔を出すとごちそうを振る舞ってくれます。
海のものや山のもの、手の込んだ料理にデザートまで。

そのため、食事が終わるまでしばらくかかります。
しかし、私がひとりで顔を出すと昨日の残り物しか出てきません。

筋金入りの過保護です。
(50代/会社員/女性)

私は年に1回なのに対し義母は……

主人がタイに単身赴任で駐在していたときのことです。
義母は主人の家の片付けとお料理をしに、タイへ3ヶ月に一回ほどのペースで通っていました。

妻である私は1年に一回くらいでした。

信じられない過保護だなと思うと同時に、ああこうやって育てられたからこういう人になったんだなと腑に落ちる部分がありました。
(34歳/ネイリスト)

小指をぶつけただけなのに……

義実家に帰った時に、夫がテーブルに足の小指を引っ掛けて転んでイタターと悶絶していました。

ただすぐに治り、普通に歩いているのでまったく問題ない状態なのですが、その後義母も義父もそれぞれ30分おきに「足は大丈夫?」と聞くのです。

私は末っ子で、小さいころから転んだくらいで心配もされたことはなかったので、40代のおっさんを心配する70代父母という状況に、とても違和感を覚えました。
(46歳/介護士/女性)

夫もいい年齢ですが……

主人の実家のご両親と車で出かけた時のことです。

家を出る前に主人に、「ハンカチとティッシュ、今日は雨が降りそうだからちゃんと傘持ったの?」とお義母さんが確認している姿を見て、50歳過ぎの男の大人に言うことではないと思い、聞いた時はビックリしました。
(58歳/パート/女性)

いかがでしたか?

あまりの丁寧な扱いに息がつまりそうな数々……。
「もういい歳なんだから……」とは思うものの、義両親からすれば関係ないのかもしれません。

以上、我が子を溺愛しすぎる義両親の数々でした。
次回の「過保護すぎる義両親エピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「いつも通り夕飯を食べに行ったら…」“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事