「なんとなく怪しい……」そんな女の勘が当たった……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“夫の浮気に気付いたエピソード”を3本、ご紹介します!

普段スマホを持っていかないのに……

主人はロードバイクが趣味なのですが、いつも行く時はスマホは携帯していませんでした。
しかし、ある時からスマホを携帯していくように……。

「どこまで行くの?」と聞いても、「え?なんで?」としどろもどろ……。
そんな様子を見て、主人が寝た後にこっそりLINEを見ました。

すると案の定、「今日は楽しかったね。また一緒に行こうね。」と知らない女からのLINEが……。
問い詰めたところ、浮気を認めました。
(46歳/主婦/女)

LINEに怪しいやりとりはなかったけれど……

内勤だった主人が、部署異動で接待などが多い部署に配属になりました、
すると一気に外回りや飲み会が増加。

そのときから女の勘で「怪しい……」と思い、「スマホを見せてほしい」と正直に言いました。

LINEのメッセージには怪しいやりとりはありませんでしたが、LINEoutfreeという項目を見ると、複数の女性との通話記録、ビデオ通話記録がビッシリ。

その項目を見たことは言わず、主人にかまをかけて「浮気していることはすべてわかっている。」と告げました。

そこからは修羅場でした。
主人は坊主にしてみたり、いろいろと行動していましたが、結局離婚。

主人との関係に終止符を打ちました。
(30歳/主婦)

夫のスマホをのぞき見すると……

その日は珍しく夫の帰宅が早く、帰るなり入浴。
早々に食事を済ませ、ソファーで寝ころんで携帯をいじっていました。

連日の休日出勤や残業で夫婦の会話もままならないほどすれ違っていたため、日々不安になっていた私。

後片付けをしながら、そっとソファーから夫の携帯をのぞき見てしまいました。
そこで見えたのは、「大好きだよ」「早く会いたい」といった文字……。

しかも夫から送っていました。

カッとなった私は、その場で腕をつかみ、携帯の内容をすべて見せるよう夫に詰め寄ってLINEの内容を確認。

スクショして、それらを私の携帯へ送ってもらい、保存。
相手の女には慰謝料を請求しました。
(41歳/会社員)

いかがでしたか?

腹立たしい夫の言動の数々……。

いくら夫が浮気を隠しても、いつも一緒にいる妻の女の勘には敵わないのかもしれませんね。

以上、夫の言動から浮気に気付いたエピソードの数々でした。
次回の「夫の浮気に気付いたエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<結婚式の最中に夫の“浮気相手”が乗り込んできた…!>両親への手紙で感動につつまれる中、式場に怒号が響き渡り…!?

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事