異常に汚れた義実家や、不衛生な行動をする義家族にドン引き……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“義実家のガサツエピソード”を3本、ご紹介します!

真っ黒なまな板を漂白していたら……

義実家はいつも家全体がカビ臭く、長時間いると気分が悪くなります。
洗面所やキッチン、トイレなどのタオルは黒カビ、洗面台もお風呂場もカビカビ。

お料理を手伝おうとまな板を見ると、カビなのか汚れなのかわからないけど真っ黒!
こんなまな板で切った具材で作ったお料理なんか、健康に悪そう……。

目の前に置いてあった漂白剤を、まな板にまんべんなくかけて洗おうとしました。
すると「漂白は身体に悪いから、このままでいいよ」と、すぐに流されてしまったのです。

漂白剤は、滅菌後によく洗い流せば大丈夫なのに……。
カビや真っ黒な汚れをそのままにしている方が嫌だと思いました。
(42歳/主婦/女性)

舐めた指を目に……

友人は、子どもを義実家によく預けるそうです。
しかし、子どもが「おばあちゃんが汚いことをするから嫌だ」と言ったようです。

友人が、何が嫌だったのかと聞いてみたところ……。
子どもが「目が痛い」と言うと、義母が見てくれたそうです。

しかし義母は自分の指を舐め、その指で孫の目の中に入ったまつ毛を取ってくれたとのことでした。
(43歳/無職/女性)

義父の部屋の壁には……

義理の両親、とくに舅の部屋はもう使っていない本や服、いらないものが部屋に積んであります。

窓も開けられない状況で、部屋に入ったときに驚きました。
部屋の壁には、カビがぎっしりついています。

病気になってはいけないので、すぐに出ました。

「少し部屋を片付けて、部屋に空気を入れたらどうですか?」と言うと「嫁の分際でうるさい!」と、怒鳴られました。

舅はいつも咳をしています。
やはり気管支をやられているなあと思いました。
(48歳/専業主婦)

いかがでしたか

想像するだけで、ゾッとするような光景の数々……。

衛生面が心配なので、カビだらけの義実家にはあまり遊びに行かない方がいいかもしれません。

以上、ドン引きするほど不衛生な義実家特集でした。
次回の「義実家のガサツエピソード」もお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「自分の非を認めない姑…」キレて私に食器を投げつけてきた姑。…そこへ娘がハイハイしてきてしまい!?

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事