自分が悪いにもかかわらず、我が子の対応に胸が締め付けられた……、なんて経験はありますか。
今回は実際にあった“我が子の神対応エピソード”をご紹介します。

本当は私のせいなのに……

娘が小学生のころ、反抗期真っ最中でよく私と口論になっていました。
そんなある日、イライラした私はカッとなって思わず娘が大事にしていたCDを投げてしまったんです。

そしたらCDのケースは割れてしまい、娘は大泣きしました。
その後娘はテープで割れたケースを必死にくっつけていました。

そしてある日、娘の友達が家に遊びにきて偶然そのCDを見つけたんです。
「なんでこんなにケースが割れているの?」とその子は娘に聞きました。

私はハラハラしながら聞き耳をたてていると娘は「私ドジだから、間違って踏んじゃって割れちゃったの」と答えていて、涙が出そうになりました。
(43歳/主婦)

娘の対応には脱帽……

友達に指摘された際、自分で壊したと母を庇う姿は本当に健気です。
なかなか大人でもできない行動には頭が上がりません……。

いくら親子であっても、お互い譲れない部分はあるはずです。
しかし、真正面から真剣に向き合ってくれている母に対し、子どもながら気付いているのかもしれません。

以上、子どもが見せた神対応の瞬間でした。
次回の「我が子の神対応エピソード」をお楽しみに♪

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「働きもせず遊んでばかりじゃない!」“姑”から毎日のように罵倒され…→同居を始めたら姑が最悪だった話

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事