結婚後に姑との関わり方に悩んでいる……という方も多いのではないでしょうか。
できれば程よい距離感で、円満な関係を築きたいものですよね。

しかし姑の上から目線の言動が原因で、姑に対して嫌悪感を抱いたという方もいるようで……。
今回は実際にあった“姑の上から目線エピソード”をご紹介します!

出産を終えた私に……

syuutomenosyougekihatugen

姑の自慢は、旦那が4000g超えのビッグベイビーで産まれたことです。
私は長男を3500g超えで出産。

出産後、助産師さんや看護師さんが「最近ではなかなか3500g超えで産まれる赤ちゃんがいないから珍しいね!お母さんよく頑張ったね!」と出産を労ってくれていました。

しかし、姑はひたすら自分の方がすごいアピール……。

そんな様子を見た看護師さん達が、「身長も高いね!」と私に気を遣って声をかけてくれたのですが、それが気にくわなかったのでしょう。

次の日にわざわざ旦那が産まれた時の身長も調べてきて、旦那の産まれた時の方が身長が高かったアピール……。

素直に、「おめでとう、よく頑張ったね!」と言えないものかと、虚しくなりました。
(40歳/保育士)

怒りよりも虚しい気持ちに……

姑の言動で、出産の感動も台無しに……。
出産後の嫁に対して、どうして労いの言葉の一つも言えないのか……。

本来、赤ちゃんの出生体重は競うようなものではありませんよね。
大人げない行動は気にせず、適度な距離感を保って関わるよう心がけた方がよさそうです。

以上、耳を疑った“姑からの上から目線の発言”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「いつも通り夕飯を食べに行ったら…」“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事