警察から連絡が来た瞬間、ドキッとしますよね。
それが見覚えのないことだとしたら……。

今回は実際にあった“警察沙汰エピソード”をご紹介します。

盗られたことさえ気づかず……

ある日、ポストに警察から封筒が届きました。
開いてみると私が下着泥棒にあっているため、事情聴取させてほしいという内容の文章でした。

身に覚えのない私は驚きつつも警察に連絡し、後日事情聴取を受けました。

なんと私が実家へ帰省中に、当時アパートの2階に住んでいたにもかかわらず侵入し、タンスの奥の奥にしまっている下着を盗んだようでした。

私がベランダの鍵を閉め忘れていたことが原因ではあるが、本人も気づかないほどの古い下着を盗むなんて気持ち悪い……。

警察は私が盗まれたことに気づいていない状況に驚いていましたが(笑)
(31歳/主婦/女性)

怖いよりドン引き……

まさかのものが盗られて驚きだったことでしょう。
しかし、自分も覚えていない下着を盗るなんて、あまりにも気味が悪いですね……。

とはいえ、留守中で守られた部分もあったでしょう。
何が起こるかわからないので、戸締まりの確認は大切ですね!

以上、意外なものを盗まれたことを警察からの手紙で発覚した出来事でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<新連載!>いつも通り夕飯を食べに行ったら、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事