とんでもない行動がキッカケで、周囲の人が警察沙汰を起こした……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“警察沙汰エピソード”をご紹介します!

お酒を飲んだ帰りに……

大学時代にあった、友人の話です。
20歳を超えて、お酒を飲むようになった私たち。

その日は終電の時間ギリギリまで、一緒にお酒を飲んでいました。
最寄り駅でバイバイをした後、それぞれ帰路につきました。

私は翌日の朝早くから予定があったため、帰宅後は友人に連絡を入れずに寝ました。

次の日、友人に「昨日はちゃんと帰れた?」と連絡すると「今、警察署にいる」と返信がありました。

よくよく聞くと、どうやら昨日、家の鍵を忘れたらしい友人。
マンションの4階に住んでいるのですが「もしかしたら窓が開いているかも」と思ったようです。

ですが、壁をよじ登っていたところ、住民に警察に通報されてしまったのだとか。
警察にも両親にも、こっぴどく怒られたそうです。
(20代/会社員/女性)

仕方がない……

泥棒だと間違われ、通報されてしまった事件……。
深夜に壁をよじ登っていたら、不審者と思われても仕方がないのかもしれません。

鍵を忘れてしまった上に、警察まで呼ばれて怒られてしまうなんて……。
自業自得とはいえ、友人に同情してしまいますね。

以上、身近な人に起こった珍事件でした。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<1本の電話から大事件に発展…>いつも通り夕飯を食べに行くと、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事