恋人から送られてきたLINEに、関係を見直したくなった……、なんて経験はありますか?
今回は実際にあった“ドン引きLINEエピソード”をご紹介します!

夜中に来たのは……

当時の彼氏から来たLINEです。
当時私は会社員、彼氏は学生だったので、なかなか時間が合いませんでした。

その日も仕事で急な残業があり、会うのをキャンセルしなければいけない状況に。
電話で謝罪したところ理解してくれたようで、会うのは後日に延期になりました。

申し訳なさを感じつつも、就寝して朝起きると、スクロールしないと読めないほどの長文LINEが届いており……。

その内容の8割以上が、私の人格を否定するものでした。
しかも、夜中2時に送られてきていて、ゾッとしました。

その後に普通に会ったときには、まるで何もなかったかのように接してきて、さらにゾッとしました。
(23歳/会社員)

一体どうして……

デートの延期に納得したはずなのに、深夜に長文LINEで不満をぶつけてくる彼……。
ドタキャンにモヤモヤしたのかもしれませんが、怖すぎる体験ですね。

さらには人格を否定するよう相手だと、これから先も苦労が絶えないかも……。
次第にエスカレートして、モラハラ彼氏になる可能性もあるので要注意です。

以上、関係を見直したくなる恋人からのLINEでした。

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「ごめん、今日も飲み会!」妻の帰りが遅い…→“ある人”から急に衝撃の知らせが…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事