自分のファッションや好みの色について、周囲の人から指摘されたことはありますか?
本来なら性別にとらわれることなく、自由であるべきことなはず。

しかし中には、自分の価値観を押し付けてくる人もいるようで……。
今回は、読者から寄せられた「性別にまつわるモヤモヤ体験談」をご紹介します。

女の子らしく……?

私はブルーが好きで、持ち物はブルー系で統一しています。
服装もパンツが多く、めったにスカートを履きません。

大学生のころに付き合った彼氏から、「せっかく女の子に生まれたんだから、女の子らしくすればいいのに」と言われました。
好きでしていることを否定されたようで、モヤっとしたのを覚えています。

(39歳/主婦/女性)

自分の気持ちに正直に

色や服装の好みに「性別」は関係ないはず。
性別にとらわれると、自分の「好き」を見失うことにもなりかねません。

周囲から自分の好みについて指摘されると、つい流されてしまいがち。
しかし自分の気持ちに正直でいることは、自分を大切にすることでもあるのかもしれませんね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「働きもせず遊んでばかりじゃない!」“姑”から毎日のように罵倒され…→同居を始めたら姑が最悪だった話

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事