普通の行動をしていれば、警察にお世話になることはほとんどありませんよね。

ましてや貸したものを返してもらおうと、その人の家に行っただけではないはずにもかかわらず……。

今回は実際にあった“警察を呼ばれたエピソード”をご紹介します。

ただ取りに行っただけなのに……

知り合いに貸していた物があり、なかなか返そうとしないので家まで取りに行きました。

インターホンを押しても出てこず、しばらく家の前で出てくるのを待っていたら、家から知り合いが出てくるのではなく、パトカーが来ました。

どうやら、怖い人が家に来ていると通報していたようです。
貸したものを返してもらいに来ただけなのに、取り調べを受けて散々でした。
(34歳/会社員)

災難すぎる……

返してもらえないから、わざわざ取りに行っただけなのに……。
すぐ返してくれれば、こんな事態に巻き込まれることもなかったと思うと可哀想ですね。

借りたほうは忘れていても、貸したほうが覚えているもの。
そもそも自分のものではないので、すぐ返し相手を嫌な気持ちにさせないようにしたいものですね。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<1本の電話から大事件に発展…>いつも通り夕飯を食べに行くと、“義父母”はなぜか父を叩きのめして…!?→温厚で優しい祖父が豹変したワケ

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事