気軽に送れるLINEは、今や無くてはならないコミュニケーションツールですよね。
しかし中には、相手の気持ちを無視した一方通行のLINEを送ってくる方もいるようで……。

今回は実際にあった“ドン引きLINEエピソード”をご紹介します!

既婚者なのに……

友人の結婚式から帰るバスでのことです。
同じく新郎側の友人として参加していた既婚男性と隣の席になりました。

私は赤ちゃんを連れていたので、既婚者であることは当たり前のように分かるはず。
しかし、なぜか連絡先を聞かれました。

そして次の日、お互い結婚していないかのように「今度飲みに行きませんか?」と連絡が……。

何を考えているのか分からず、ゾッとしました。
(31歳/専業主婦)

理解できない……

赤ちゃんを連れている女性に、わざわざ連絡先を聞く必要はないはず。

「あわよくば……」という下心が見え見えなところに、嫌悪感を持つ方も多いのではないでしょうか。

自分も既婚者だというのに、飲みに誘ってくるという軽率な行動。
下手に気を持たせてしまう前に、うまくフェードアウトしたいものですね。

以上、“ドン引きLINEエピソード”でした。

※こちらは実際に募集したエピソードを記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

「ごめん、今日も飲み会!」妻の帰りが遅い…→“ある人”から急に衝撃の知らせが…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事