気軽にやりとりできるため、コミュニケーション手段に使えるLINE。
ですが中には、会話するときとLINEするときで、キャラを使い分けている人もいるようで……。

そこで今回は実際にあった“ゾッとLINEエピソード”をご紹介します!

連絡先を交換したら……

突然LINEの画面を見せられ、何かと思うと「LINEを教えてほしいです」と、文章が書かれていました。

ときどき話す人だったので、深く考えず教えたのですが……。
そこから毎日、ポエムのようなLINEが届くようになりました。

LINEの内容は「一番星が夜空にキラキラ輝いているよ……」など。
「だからどうしたの?」と思います。

ただ聞いてほしいのか、なんて返信すればいいのかもわからず、ひたすら苦痛でした。
(28歳/会社員)

対応に困る……

知人にLINEを教えたら、ポエミーなLINEが毎日届くようになった投稿者さん……。
相手は素敵なメッセージを送ったつもりかもしれませんが、受け取る側は少し戸惑ってしまうことも。

何と返信するべきか非常に悩むところですね……。

皆さんはこのエピソード、どう感じましたか?

※こちらは実際に募集したエピソードをもとに記事化しています。

(恋愛jp編集部)

▶合わせて読みたい

<最低な旦那への逆襲>「あれ…なんか怪しくない?」あまりにも遅い夫の帰宅に“浮気“を疑った私は、あらゆる手段を考えて…

関連記事(外部サイト)

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事