日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に最接近!進路を変える「スイングバイ」で新たな軌道へ

main
出典:twitter.com

日本の小惑星探査機「はやぶさ2」が地球に最接近!その後、進路を変える「※スイングバイ」により新たな軌道へ入ったことが話題となっています!

※スイングバイ:天体の重力を利用して方向転換し、燃料を温存しながら惑星間を飛行すること。

地球に最接近した時の映像がこちらです!(13秒から始まります)

<動画はこちら>

出典:YouTube

昨年12月に打ち上げられた宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が12月3日午後7時過ぎ、地球に最接近。ハワイ上空の高度約3100キロを通過しながら速度を上げ、「スイングバイ」により方向を変え、目的地の小惑星「りゅうぐう」に向けた新たな軌道に入りました。

スイングバイの成功確認には1週間程度必要とされていますが、現時点で送られてくるデータは正常だということです。

こちらは、岡山県で撮影された「はやぶさ2」。美星天文台の口径101センチ反射望遠鏡で観測。雲の影響は少なく、午後6時10分頃には、北西の空を北極星方向に移動する「はやぶさ2」の姿をとらえたそうです。


出典:twitter.com

地球接近時の様子を「はやぶさ2」からツイート

地球に接近する様子は、「はやぶさ2」から継続的にツイートされていました。


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com


出典:twitter.com

こちらは、スイングバイの解説CGです。

<動画はこちら>

出典:YouTube

こちらは、スイングバイ中に撮影された地球の映像。美しいです!


出典:twitter.com

昨年12月に「はやぶさ2」が打ち上げられた時の模様。
11_R
5_R
1_R
出典:fanfun.jaxa.jp

「はやぶさ2」は、2018年夏に小惑星に到着予定。そこで岩石試料を採取し、2020年末には地球に帰還。試料が入ったカプセルが届く計画となっているようです。今後も「はやぶさ2」の動向には要注目ですね!


出典:headlines.yahoo.co.jp / www.jaxa.jp


関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事