三谷幸喜が小学生の頃に書いた脚本のクオリティがヤバい

fd140902b00002h

ネット上で三谷幸喜さんが小学生の頃に書いた脚本のクオリティが子供とは思えない完成度であると大変話題になっているので紹介します。

脚本は、推理サスペンスタッチの内容となっており、「そして誰もいなくなりかけた」タイトルからも現在の三谷幸喜さんらしさも何となく伺えますね。登場する人物は何れも同級生の名前を使っており、実際にこの作品を学校で上演したらしいです。

1枚目
fd140902b00001r

拡大画像

2枚目
fd140902b00002r

拡大画像

3枚目
fd140902b00003r

拡大画像

4枚目
fd140902b00004r

拡大画像

5枚目
fd140902b00005r

拡大画像

最後の刑事役として三谷さん本人がおいしいところを持っていくところも、昔から変わらないような感じがしますね。

関連キーワード

この記事が気に入ったら
フォローしよう

最新情報をお届けします

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事